野球用のスパイクを徹底解説!

野球用のスパイクを徹底解説!

本記事では野球用のスパイクについてあらゆる角度から徹底解説します!野球用のスパイクはグランドでのプレイを補助するために特化した靴だと言えます。購入を考えている、もしくは買い与えたいと考えている方に必要な情報を提供します!


(1)グランドでのプレイを補助するために特化した靴

 本記事では野球用のスパイクについてあらゆる角度から徹底解説します!スパイクを履くことで投球時、守備時、あるいは打撃時の軸足となる部分が踏ん張ることが可能になります。野球用のスパイクはグランドでのプレイを補助するために特化した靴だと評することができます。購入を考えている、もしくは買い与えたいと考えている方に必要な情報を提供します!


 サッカー用のスパイクとの大きな違いは靴底の突起物の素材が異なります。サッカー用はゴム・樹脂製ですが、野球用は加えて金属製も使われます。サッカーという競技の性質を考えると足元で激しいボールの奪い合いが行われるので金属製だと怪我をしてしまう危険性が高いのです。


 ちなみに安全面への考慮から少年野球で使われているスパイクの突起物はサッカー用と同様にゴム・樹脂製が主流です。少年野球でもまず怪我の予防が中心になります。

(2)底面の突起物は金属製、ゴム・樹脂製の2種類

 野球用のスパイクの底面の突起物は金属製、ゴム・樹脂製の2種類です。これら2種類の素材はグランドのコンディションにあわせて使い分けていくことになります。

(2-1)天然芝・球場の土部分では金属製

 天然芝の球場では突起物が金属製のスパイクを履きましょう。地面をしっかりと噛んでくれるので、高いパフォーマンスを期待することができますよ!

金属製は天然芝のグランドに最適。

 (2-1-1)金属製は「埋め込み式」と「取り替え式」の2種類!!

 突起物が金属製のスパイクは更に「埋め込み式」と、「取り替え式」の2種類に分けることができます。

 (2-1-2)「埋め込み式」はとても長持ち!

 「埋め込み式」のメリットは、取り換え式に比べて長持ちします。おおよそではありますが「取り替え式」と比較すると2倍から3倍もつといわれています。また軽量に仕上げられているモデルも多いので脚の疲労も軽減することができます

 (2-1-3)「取り換え式」は経済的!

 「取り換え式の」メリットはその名の通り、突起物が消耗したら取り替えることができるので経済的です。埋め込め式だとスパイク自体を買い換える必要がありますが、取り替え式の場合は本体が無事ならずっと使用を続けることができます。


 気をつけて頂きたいのが全てを自分で取り替えられるわけではないということです。MizunoのM-LOK式や、SSKのリベット式なら専門店に持ち込む必要があります。

(2-2)人工芝ではゴム・樹脂のポイント式を

 人口芝の球場ではゴム・樹脂のポイント式を使いましょう。金属製の突起物だと地面を噛みすぎてしまいます。

突起物がゴム・樹脂で作られている。

(2-3)突起物の状態によって地面をかむ量が変わる

 スパイクの底面の突起物の状態次第では踏ん張りが効く量が異なります。購入して間もない時はよく踏ん張りが効きます。しかし時間が経ちたくさん使用すると突起物は消耗し、滑りやすくなってしまいます。突起物が削れた状態でプレイを続けると怪我をする可能性があるので買い換えるなり、取り替えるなりしてください。

(3)スパイクの皮素材はそれぞれ特性が異なる

 スパイクには様々な皮素材が使われています。以下に代表的な素材をまとめました。

天然皮革 足になじみやすく軽いが耐久性に劣る。雨に弱い。
カンガルー皮 柔軟性があるが手入れが大変。雨に弱い。
ヌバック調 軽くて薄いが手入れが大変。雨に弱い。
人工皮革 耐久性、耐水性、共に抜群だが足に馴染みにくい。

(4)好きな色のスパイクを履けるわけではない

 野球のスパイクは自分の好きな色を選べるわけではありません。例えば中学野球と高校野球は黒で統一しなければなりません。自分の所属するチーム/リーグの方針で禁止されている色もあります。購入前に自分が所属するチーム/リーグの規定をしっかりと確認しましょう。

(5)紐とベルトの違い

 スパイクの合わせ目の綴じ方は紐とベルトの2種類が用意されています。一般的には紐で固定するタイプを選択する方のほうが多いですが、それぞれ一長一短なので状況、試合会場にあわせて使い分けましょう。

筆者のスパイクは紐。少年野球時代は紐をあまり上手に結べなかったのでベルトを買い与えてもらいました。

(5-1)紐は自分の足にフィットさせやすい

 スパイクを紐で固定すると自分足にフィットした縛り方で履くことが出来ます。しかし靴を脱ぐ際に毎回紐を解かなくてはいけないという手間がかかります。

(5-2)ベルトは履き替えが楽

 ベルトで固定するタイプのスパイクは履き脱ぎがとても楽になります。例えば外野手が人工芝である守備位置から、土の打席に向かう際にスパイクを履き替える際はとても楽でしょうね。便利な半面、フィット感が劣るので投手でベルト式のスパイクを使っている選手はほとんど見かけません。

(6)スパイクのカットの違い

 スパイクのくるぶし部分はローカット、ミドルカット、ハイカットが用意されています。それぞれ一長一短なので、自分の特性にあったものを選びましょう。

ローカット 脚の自由性が高くハイカットやミドルカットに比べ軽くできている。しかし、スパイク内に砂が入りやすくスライディングの際に怪我する危険性あり。
ミドルカット      ローカットとハイカットの中間とも言える特性。
ハイカット ハイカットはくるぶしを完全に隠し足首を固定してくれるので脚を怪我しやすい人に最適。スパイク内に砂が入りにくいがローカット、ミドルカットに比べると重い。

(7)スパイクを長持ちさせるためのTips

 筆者の野球経験で培ったスパイクを長持ちさせる方法をご紹介します。せっかくならスパイクは長持ちさせたいですよね。特に気に入っているものならばなおさら。スパイクを良い状態で長く保ち続けるためにも是非、実践してください!

(7-1)練習用と試合用の二足を用意すると長持ちする!

 野球のスパイクは消耗品です。使えば使うほど底面の突起物は消耗し、皮は破れていきます。しかしスパイクを練習用と試合用に分けることで消耗するスピードは減りスパイクを長持ちさせることが出来ます。


 練習用と試合用を全く同じ型にすることをおすすめします。繊細な方ですと違うスパイクを履いていると気になるでしょうが、同じ型ならば問題ないでしょう。

(7-2)スパイクを履くのはグランドの上だけで

 スパイクの使用は基本的に、グランドの上だけにしましょう。スパイクを履いたままコンクリートの上を歩くと底面の突起物が削れてしまいます。筆者はグランドの上を歩かざるを得ない時は後輩に頼んでおんぶしてもらっていました(笑)。

(7-3)汚れを放置しない

 スパイクを使い終わったら直ぐに汚れを落としてください。靴の中に砂が入ってしまったら放置せず取り出して、風通しの良い場所で日陰干ししましょう。雨の日に使ったらスパイクの中に新聞紙や乾いたタオルを詰めて水分を吸い取らせてください。天然革素材を使っているならシューズコンディショナーで保皮と保湿を行いましょう。

(8)代表的な有名メーカー

 野球用のスパイクを製造しているメーカーとして有名なのは「Mizuno」「asics」「UNDER ARMOUR」「Adidas」「ZETT」「SSK」「ハタケヤマ」などです。各メーカー、それぞれ特色があり例えばミズノは足入れの一体感を高めるように商品開発していたり、アシックスは軽さを追及していたり個性があります。気に入った一足を見つけ出してください!

(9)まとめ

 いかがでしたでしょうか?本記事は筆者の野球体験に基いて執筆しました。本記事が皆様がスパイクを購入される際の助けになれば幸いです。

【記事執筆・企画立案・写真素材】
田中紫音

【原稿編集】
小林英隆

※本サイトへの許可なく画像・文章などの無断転載、無断引用を一切、禁じます。

この記事のライター

関連するキーワード


スパイク

最新の投稿


オフシーズンはプレイボールズのLIVEで野球の臨場感を楽しもう

オフシーズンはプレイボールズのLIVEで野球の臨場感を楽しもう

プロ野球はオフシーズンで試合がなくて寂しいですよね。絶対直球女子!プレイボールズが披露してくれるステージを見に行けば、球場が持つ臨場感と同質の興奮を味わえることをご存知でしょうか?2017年12月11日、東京・恵比寿LIQUIDROOMにて単独試合(ワンマンライブ)を開催することで、LIVE会場を野球場に変えました!


「捕手(キャッチャー)」とは?扇の要!【野球ポジション#6】

「捕手(キャッチャー)」とは?扇の要!【野球ポジション#6】

捕手は「扇の要」と呼ばれるほどの重要なポジションです。投球を受けることだけが捕手の仕事ではなく、チームの中心として様々な役割を果されなければならないポジションです。今回は、捕手以外の他の内野手や、外野手とは全く違う捕手の役割をご紹介します!


日本でも導入されるチャレンジ制度(リクエスト制度)を解説!

日本でも導入されるチャレンジ制度(リクエスト制度)を解説!

来季から日本でも導入されるチャレンジ制度(リクエスト制度)。今のうちにチャレンジ制度の歴史や、システムを知ることで、来季のプロ野球をより楽しめるようになること間違いなしです!


「三塁手(サード)」とは?強烈な打球を捌く!【野球ポジション#5】

「三塁手(サード)」とは?強烈な打球を捌く!【野球ポジション#5】

攻守において派手な選手が守るポジションと言われている三塁手を解説します。三塁手は守備の要と言われている二遊間に負けず劣らず重要なポジションであり、様々な役割が存在するのです!


「外野手」とは?攻走守3拍子揃うのが理想!【野球ポジション#4】

「外野手」とは?攻走守3拍子揃うのが理想!【野球ポジション#4】

プロ野球はオフシーズン。来シーズンへの予習も兼ねて改めて「外野手」について紹介します。外野手とは本塁から見て、左側を守る左翼手と右側を守る右翼手、そして左翼手と右翼手の中間地点を守る中堅手といった外野の守備に就く3人の野手のことを指します。