神宮球場の名物グルメ開発秘話を公開!

神宮球場の名物グルメ開発秘話を公開!

神宮球場で楽しむことができるグルメ開発秘話をインタビューしました。神宮球場はこれまでも「ウインナーのメガ盛り」のような名物が存在しました。近年は選手プロデュースグルメが急増したので、楽しめる名物が更に充実しました。何故、神宮球場での「グルメの楽しみ」が増えたのか?


 東京ヤクルトスワローズの本拠地である明治神宮野球場、通称「神宮球場」で楽しむことができるグルメ開発秘話をインタビューしました。神宮球場はこれまでも「ウインナーのメガ盛り」のような名物が存在しました。近年は選手プロデュースグルメがぞくぞく登場したことで、楽しめる名物が更に充実したのです。何故、神宮球場での「グルメの楽しみ」が増えたのか?神宮球場・販売部に所属する須野拓人さんにお話いただきました。

(1)球場グルメは「美味しい」が最優先

──神宮球場で販売されているグルメにおいて大切にしていることはありますか?



 私たちは常に「美味しくなければ売れない」ということを意識しています。有名選手の名前をつけただけの安直な考えの商品では決して、お客様に喜んでいただけないです。これは当球場にご協力いただいているテナントも含めた共有認識ですが、グルメは「美味しい」が最優先です。


──やはり「美味しい」というのが重要なのですね。



 そうですね。他には万人受けするものでないと売れませんよね。


──「川端慎吾カシスオレンジ」などのカクテルは口当たりがいいから、来場者から好評ですよね?



 おっしゃるとおりです。カシスオレンジは口当たりが良いですからね。他にも川端選手はイケメンなので、女性に人気がありますからね(笑)。

「川端慎吾カシスオレンジ」は口当たりもよく売れ行き好調!

 他には比較的、アルコール度数が高いものが人気あります。去年まで販売されていたバレンティン選手をイメージしたカクテル「ココモポリタン」は、ホワイト・キュラソーという度数が高いお酒を使っていたこともあり人気がありましたね。山田選手をイメージしたカクテル「山田哲人ハイボール」もウイスキーベースなのでアルコール度数が高くて人気があります。


 ただアルコール度数が高ければ良いということではないです。ワインのようなものは人によっては口に合わない場合がありますので、万人に楽しんでいただけるわけではないですからね。


(2)シーズンオフに新しい球場グルメが誕生する

──選手グルメの企画は球場、球団、どちら側から提出されるのですか?



 私達から球団に企画を出して、了承が出たら販売を開始します。


──企画書が提出されてから、商品化されるまでの流れを教えてください。



 申請するのに時間がかかるのでシーズンオフの11~12月までに企画書を作り上げて、球団側に提出します。その後、球団から了承を得た商品はPOPや販促物の打ち合わせをして、キャンプの時期頃に準備が完了します。


──選手グルメに選定されるのはやはり試合での活躍度に応じてですか?



 それもありますが、時事性も考えています。例えば今年から販売開始した「秋吉亮のエナジーハイボール」は、秋吉選手がWBCのメンバーに選ばれたことも関係していますしね。

「秋吉亮のエナジーハイボール」の売上は順調とのこと。筆者も神宮球場で必ず楽しむ一杯だ

──選手グルメのレシピは須野さんが作っているのでしょうか?



  はい、私達で試作品を作り、皆で意見を出し合いながら完成させていきます。


──肝心の味を決定する際は選手から意見はもらいますか?



 もちろんいただける場合は積極的に頂きます。例えば館山選手がプロデュースした「館山昌平のビーフステーキ」は最初、添え物はジャガイモだったのですが本人の希望でブロッコリーに変更されました。後は石川選手がプロデュースした「勝つ男!石川雅規のビクトリーカツサンドセット」。こちらも本人からチーズを入れてほしいとリクエストを頂きました。他にも今年から販売開始した「坂口智隆!グッチのオム焼きそば」は、本人に好物を教えてもらって企画しましたからね。

「館山昌平のビーフステーキ」は食べ応えはもちろん、野菜との相性も抜群!

石川選手の要望に応えていれられたチーズは良いアクセント。

選手の好物からインスパイアされて開発される場合も!

──球場で売られているものについては、選手の皆さんは口にしているのですか?



 現在二軍にいる一部の選手以外は試食していただいています。それこそ「勝つ男!石川雅規のビクトリーカツサンドセット」は登板前に石川選手に食べていただきました(笑)。

ポスターにも使われている石川選手の写真は何と、登板前に撮影したとのこと!

──選手プロデュースグルメは対象選手にロイヤリティーは発生するのですか?



 もちろんです。


──ある意味ではグルメを楽しむことで、選手を応援できますね(笑)。一点気になったのが「館山昌平のビーフステーキ」は販売がアスレキッチン様でしたよね?このようにテナントが関わっているメニューはどのように作り上げられていくのですか?



 我々が企画を考えた後に、テナントの皆様に相談しました。本当、素晴らしいアイデアと努力で応えてくれました。これからも協力しながら魅力的な選手グルメを増やしていきたいです。

(3)「ここでしか楽しめない物」を作り出したかった

──思えば2014に販売された「ココモポリタン」から、本当に選手グルメが増えていきましたよね。2014年は、バレンティン選手が60本ホームランを打った翌年なので、記念の意味も込めて販売されていたのかと思います。



 もちろん、記念の意味もありましたが、「ここでしか楽しめない物」を作りたかったという思いが強かったです。しかしながら当時は販売経験がなかったので売上予測も立てづらかったですね。


 ドリンクの場合は「ここでしか楽しめない物」という雰囲気を高めるために、カップも選手名やシルエットが入ったものを積極的に採用しています。分かりやすい例ですと「山田哲人ハイボール」です。商品の販売自体は2015年から行っていましたが、翌年も同じままで販売しても飽きられてしまいます。年ごとにデザインの変更も行っています。


──売上に効果がでましたか?



 でました。やはり通常のカップで飲むより、選手名やシルエットが入ったもので飲んだほうが受けますよね。毎年デザインを考えて、少しずつ変えています。細部にこだわれば、ファンの方も気づきますからね。特に「山田哲人ハイボール」は色映えも良いので皆様、SNSに投稿してくれて知名度が高まりました。

「山田哲人ハイボール」は鮮やかな緑色なので女性のネイルなどもよく合う。

写真は2015年VERの「山田哲人ハイボール」。

──「ここでしか楽しめない物」を追求する過程でMLBの商品なども、参考にしていますか?



 もちろん参考にしています。今はインターネット・SNSが普及しているので、勉強のための情報収集がカンタンになりました。MLBはロゴを上手く使っているので、参考になります。飲食はもちろん、Tシャツなどのグッズからもアイデアをいただいています。


(4)他球団との交流で野球界を盛り上げたい

──オリジナルグルメは現在、様々な球場で展開されていますが、他球団との交流は?



 毎年12月に合同会議がありますので情報交換をしています。あるいは他球場に視察に行ったとき、色々と意見交換を行っています。


──積極的に意見交換を行っている球場があれば教えてください。



 関東近辺、特に屋外の球場と仲良くしています。やはり同じ屋外同士のほうがビールの売上予測などが近いのでとても参考になります。


──2015年の日本シリーズでは、外野席で福岡ソフトバンクホークスの球場メニューも扱いましたよね?



 その頃「グルメ交流しよう!」と福岡ソフトバンクホークス側から話がありました。うちからは売上が一番、伸びていた「山田哲人ハイボール」を出しました。あちら側から広島風お好み焼きの「ギータ焼き」を提供いただきました。


 2015年は山田選手と柳田選手がトリプルスリー達成したということで、コラボグッズも販売していたので相乗効果が大きかったです。


──他球団に自分たちのレシピを見せるのは勇気がいることですよね?



 今は12球団全体で、野球界を盛り上げようという雰囲気になっているので包み隠さず、公開しています。他球団も積極的に手の内を見せてくれますからね。一番近いものでは2017年の交流戦、京セラドームで「山田哲人ハイボール」、神宮球場で販売している「ヘルメットグルメ」を販売していただきます。球団の枠を越えてお互い、盛り上げていきたいです。


──セ・リーグ同士でコラボレーションした事例があれば教えてください。



 2016年の9月2日〜4日に実施された広島東洋カープ戦では「ビアカクテル グリーンビール・レッドビール」を行いました。広島東洋カープのレッド(赤)と、東京ヤクルトスワローズのグリーン(緑)をイメージしました。この企画は大好評でしたね…!


(5)誰でも楽しめる球場を目指して

──最近では神宮球場のホームページを見て、グルメ情報がずいぶん見やすくなったなと思いました。食品のアレルギー表示もありますし。



 ありがとうございます。やはりアレルギー情報を掲載したほうが皆様、安全に食事を楽しめますしね。


 他にもグルメマップを充実させたいと考えています。ウチではまだ一種類しかありません、他球場では季節によって、グルメ情報も発信しています。私達も早くそのような形にしたいと考えています。


☆神宮球場グルメガイド
http://www.jingu-stadium.com/shop_info/lunch_box/pdf/lunchbox_03.pdf

 球場に早く来てしまったとき、選手達の練習を見てもらうのもいいですが、グルメ情報も知ってもらいたいです。まだまだ知られていないことが沢山あるので積極的に通知をしていきたいです。ライトスタンドのお客さんも、メニューを見て、レフトスタンドにはこういうものが売られていると知ってもらえれば良いなと思っています。

(6)球場も盛り上げてチームを強くする

──新しいグルメを開発する家庭で球団との交渉で、苦労したことはありますか?



球団はお客さんに楽しんでもらうために、「どんどんやって欲しい!」と嬉しい言葉を頂いています。明治神宮野球場と、東京ヤクルトスワローズが共に手を取り合いながらお客様を喜ばせる企画を練っています。


──スタッフの皆さんもヤクルトが好きなのですか?



皆、東京ヤクルトスワローズが優勝することを願っていますよ(笑)。もちろん、これまでも私たちは盛り上げようと努力してきました。2015年にやっと球場、球団、ファン、そして選手たちとの間に一体感が生まれてきました。


──2015年はセ・リーグ優勝という素晴らしい結果も残りましたよね。



 私たちは球場の雰囲気が良くなればチームも強くなると信じています。実際、広島東洋カープの選手たちは、負けていても球場に通い続けてくれるファンの姿を見続けて「強くなろう」と必死になったと聞いています。だから私達も球場を盛り上げて、お客様に楽しんでもらって、東京ヤクルトスワローズというチームを強くしていきます。グルメの充実もチームを強くするためです(笑)。


 現代は待っていても、お客さんが来てくれる時代ではありません。これからも球場にいらっしゃる皆様を魅了する商品をドンドンと提案していきますよ!


──最後に選手プロデュースメニューの売り上げベスト3を教えてください。



 「グッチのオム焼きそば」「勝つ男!石川雅規のビクトリーカツサンドセット」「ビッキースペシャル塩ラーメン」の3つですね。この3つは本当に根強い人気を持つので皆さんも是非、味わってください。また、皆様の来場を心からお待ちしています。

・明治神宮野球場
http://www.jingu-stadium.com/

【記事執筆】
高野昭喜

【取材・原稿編集】
小林英隆

※本サイトへの許可なく画像・文章などの無断転載、無断引用を一切、禁じます。

この記事のライター

最新の投稿


オフシーズンはプレイボールズのLIVEで野球の臨場感を楽しもう

オフシーズンはプレイボールズのLIVEで野球の臨場感を楽しもう

プロ野球はオフシーズンで試合がなくて寂しいですよね。絶対直球女子!プレイボールズが披露してくれるステージを見に行けば、球場が持つ臨場感と同質の興奮を味わえることをご存知でしょうか?2017年12月11日、東京・恵比寿LIQUIDROOMにて単独試合(ワンマンライブ)を開催することで、LIVE会場を野球場に変えました!


「捕手(キャッチャー)」とは?扇の要!【野球ポジション#6】

「捕手(キャッチャー)」とは?扇の要!【野球ポジション#6】

捕手は「扇の要」と呼ばれるほどの重要なポジションです。投球を受けることだけが捕手の仕事ではなく、チームの中心として様々な役割を果されなければならないポジションです。今回は、捕手以外の他の内野手や、外野手とは全く違う捕手の役割をご紹介します!


日本でも導入されるチャレンジ制度(リクエスト制度)を解説!

日本でも導入されるチャレンジ制度(リクエスト制度)を解説!

来季から日本でも導入されるチャレンジ制度(リクエスト制度)。今のうちにチャレンジ制度の歴史や、システムを知ることで、来季のプロ野球をより楽しめるようになること間違いなしです!


「三塁手(サード)」とは?強烈な打球を捌く!【野球ポジション#5】

「三塁手(サード)」とは?強烈な打球を捌く!【野球ポジション#5】

攻守において派手な選手が守るポジションと言われている三塁手を解説します。三塁手は守備の要と言われている二遊間に負けず劣らず重要なポジションであり、様々な役割が存在するのです!


「外野手」とは?攻走守3拍子揃うのが理想!【野球ポジション#4】

「外野手」とは?攻走守3拍子揃うのが理想!【野球ポジション#4】

プロ野球はオフシーズン。来シーズンへの予習も兼ねて改めて「外野手」について紹介します。外野手とは本塁から見て、左側を守る左翼手と右側を守る右翼手、そして左翼手と右翼手の中間地点を守る中堅手といった外野の守備に就く3人の野手のことを指します。