プロ野球ファン感謝デーで選手達と交流しよう!千葉ロッテマリーンズのケース

プロ野球ファン感謝デーで選手達と交流しよう!千葉ロッテマリーンズのケース

冬になるとプロ野球のシーズンが終わってしまって寂しいですよね…。しかし各球団、毎年11月になるとファン感謝デーを開催するのでオフシーズンでも選手達と交流することができるのです。モデルケースとして千葉ロッテマリーンズが開催したスーパーマリンフェスタ2016をご紹介しますのでファン感謝デーの雰囲気を感じて頂ければ幸いです。


目次

(1)オフシーズンの冬もファン感謝デーに参加すれば選手達に会える!

 毎年11月は応援し続けてくれたファンを労うため各球団が開催するファン感謝デーに、是非とも参加しましょう。冬になるとプロ野球シーズンが終わってしまって寂しいですよね…。しかし各球団、ファン感謝デーを開催するので、オフシーズンも選手達に会いに行く事ができるのです。


 皆様にファン感謝デーの雰囲気をしってもらうため、モデルケースとして千葉ロッテマリーンズが11月23日に開催した「スーパーマリンフェスタ2016」をご紹介します。Baseball365は千葉ロッテマリーンズの御厚意で当日の様子を取材させていただきました。千葉ロッテマリーンズの本拠地、QVCマリンフィールド(来シーズンからはZOZOマリンスタジアム 以下 球場)で開催されました。

(2)スーパーマリンフェスタ2016は「入場料無料」「抽選無し」で参加可能

 モデルケースとして紹介するスーパーマリンフェスタ2016(以下 本イベント)は「入場料無料」「抽選無し」で参加できました。ただし一部球団ではファン感謝デーに参加するための抽選に応募しなくてはなりませんのでご注意ください。参考までに2016年に開催された12球団のファン感謝デーの入場料・抽選の有無をまとめましたので来年、ファン感謝デーに参加される際の参考になれば幸いです。

※2016年の情報です

(3)いつもの試合と同じ人数が集まった!

 本イベントには24,000人ものファンが集まりました!2016年の千葉ロッテマリーンズが主催する試合の平均動員数は21,207人なので、試合開催時に等しい人数が集まったのです。

入場順番待ちのために貼られたシート。シート貼りは開催前日の19時から許可されていました。

(4)球場内外で「千葉ロッテマリーンズ」を好きになるイベントが開催!

 本イベントでは、球場内外でファンと選手達との心の距離が縮まる魅力的なイベントが開催されました。あらゆる場所でイベントが行われていたので、常に選手とファンが交流している姿を観ることができたのです。

(5)球場外では「記念写真撮影」「ピンバッジ交換会」「限定品の販売」が行われた!

 球場外では「リリーフカーに乗車しての記念写真撮影」、「ファンクラブ会員限定・ピンバッジ交換会」、「福袋、記念品などの限定グッズ販売」などが行われていました。いずれも本イベントのために特別に企画されたイベントです。まるでお祭りのような雰囲気を楽しむことができました。

(5-1)リリーフカーで記念撮影!

 球場正面入口では試合中に中継ぎ投手が出番の際に乗るリリーフカーに搭乗して記念写真を撮影ができる「アウディリリーフカーフォト」が開催されていました。重要な場面のグラウンドに向かう選手達の臨場感を想像することができるでしょうね。

多くのファンが記念写真を撮影しようと並んでいました。

試合で稼働する際は屋根が開きます。

(5-2)ファンクラブ会員を対象にピンバッジ交換会も実施!

 ファンクラブ会員を対象に、千葉ロッテマリーンズが販売・配布を行っているピンバッジの交換会も開催されました。このような催しがあれば重複してしまったバッジも交換できますし、ファン同士の交流の場として最適ですね。

希望同士のピンバッジがあれば交換可能。ファン同士の交流にも最適ですね。

(5-3)この日しか購入できない福袋・限定グッズも販売!

 普段、入場券を販売している窓口では特別な品物が沢山入った福袋を販売していました。「5000円」「1万円」、2種類の福袋が用意されました。また11時から12時の間には選手も販売窓口に立ち、購入者との交流を楽しむことができました。写真撮影時、福袋はほぼ完売していたので窓口は落ち着いていましたが販売開始当初は長蛇の列でした…!
 当日限定の「スマートフォンケース」「スカジャンキーホルダー」も販売されていました。「スーパーマリンフェスタ」に参加した想い出の品に最適ですね。

グッズを求めて長い列ができていました。

(6) 球場内では「ファン交流」「当日限定グルメ」を楽しむことができた!

 球場内では「イベントを通じてのファンとの交流」「当日限定グルメ」を楽しむことができました。普段は試合に備えての緊張感にあふれている球場内通路も、当日は暖かい雰囲気に包まれていました。

(6-1)雪見だいふくを伸ばしてファン交流!

 球場内通路で開催された「#雪見もちのばし」では、雪見だいふくを伸ばす事を通じてファンと選手達の交流を測っていました。取材時には藤岡選手と阿部選手が登場して、参加したファンが雪見だいふくを伸ばす姿を鑑賞しながら楽しみました。

雪見大福を伸ばそうと挑戦する女の子。結構、伸ばすのは難しいです…。

(6-2)当日限定グルメを味わうこともできた!

 球場内の売店では本イベント限定のグルメが販売されました。レギュラーメニューも美味しいですが、この日にしか食べることができない味は良い想い出になります。写真は「ホンビノス貝のシチュー」ですが他にも「限定100食 清田モ〜打賞丼」「限定60食 逆天丼(スペシャルバージョン)」なども販売されました。

ホンビノス貝のシチューは冷えた身体を暖めるのに最適でした。

(7)「グラウンドイベント・朝の部」では選手とハイタッチ!

 ファンを迎え入れる「グラウンドイベント・朝の部」では、入場時に選手達とハイタッチすることができました。普段は遠くにいる選手達ですが、この日だけはとても近い存在になります。チームの勝利のために戦い続けた選手達と触れ合えるのは、本イベントだからこそ味わうことができた体験だと言えるでしょう。

(8)「グラウンドイベント・午前の部」は選手達と交流を深めることができた!

 ファンを迎え入れた後の「グラウンドイベント・午前の部」では、グラウンド内のあらゆる場所で選手達と交流することができました。シーズン中には見せない選手達の素の表情を、グラウンド内の至る所で目撃することができました。選手達の新たな魅力を発見することができる時間だったと言えるでしょう。

イベント開催前に記念撮影を行う

ファンはお目当てのブースに急いだ

(8-1)特設ステージイベントでは選手の素の表情を楽しむことができた!

 ホームベース付近に設置された特設ステージでは「水曜から昼ふかし」「マリーンズMUSIC-Q」「マリーンズBUSAIKU」といったトークイベントが開催され、選手達の意外な一面を知ることができました。各トークイベントには様々なお題が用意されました。まるでロッカールームのようなリラックスした雰囲気に包まれていました。

「水曜から昼ふかし」に参加した石川選手。それぞれの選手が回答する姿をカメラに収めていました。

「マリーンズMUSIC-Q」に参加した福浦選手が自身の入場曲への思いを語りました。

鈴木選手、キャプテンシーに溢れた勇ましい姿でした。

涌井選手、急なアドリブを振られて戸惑う…!試合では見ることができない困惑した表情でした。

(8-2) グラウンド内センターゾーンではシートノック、キャッチボールを通じて選手と交流できた!

 グラウンド内センターゾーン近くではキャッチボール用に開発された柔らかいボール”ゆうぼーる”を使用して選手との交流ができました。シートノックを体験することができる「みんなでノック!ノック!!」、キャッチボールを楽しむことができる「エンジョイキャッチボール」が開催されました。もしも野球少年が本イベントに参加していたら、一生の宝とも言える経験を積むことができたでしょうね。

「エンジョイキャッチボール」に参加する肘井選手。

使用した”ゆうぼーる”は柔らかいので、安全。

(9)「グラウンドイベント・午後の部」に開催されたマリンピックでは試合に挑むのとは異なる選手の姿を観戦できた!

 午後には選手達が赤・白2チームに分かれてスポーツ対抗戦を行う姿を観戦することができました。「大玉転がし」「バトンリレー」「借り人競争」「10種リレー」が行われて、試合とは異なる緊張感溢れる展開を楽しむことができました。負けたチームは仮装して本イベント終了後に行われる大サイン会に挑まなくてはならないので皆、必死に取り組みました。

何故か帽子の上からハチマキを巻く石川選手。

細谷選手も帽子の上に可愛らしくハチマキを巻いていました。

鈴木選手は頭ではなく首元にハチマキを巻きました。

それぞれ思い思いの巻き方でハチマキを装着しました。

試合前にヨガで身体をほぐす選手達

イベント参加へ応募したファンも大玉転がしに参加

開場を沸かせるクール

バトンリレーの際、全力で妨害行為を受ける鈴木選手。

全力で戦う選手達を見守るリーンちゃん

マリンピックは白組の勝利という結果で終了しました。負けた赤組の選手達は仮装することが決定しました…(笑)。

(10)千葉ロッテマリーンズ年間MVPは角中選手に決定!

 本イベントが閉会される前に、1年間を通して最も活躍した年間MVPに角中選手が選出されました。毎月、ファンが選ぶ月間MVPとして「Keiyo BMW presents Marines MVP賞」を実施してきました。シーズンを通して月間MVPの中から、角中選手(8月度月間MVP)が選ばれました。2016年、角中選手は「首位打者」「最多安打」の二冠を達成しただけでなく、「ベストナイン」にも選ばれる素晴らしい結果を残しました。年間MVPを讃えてKeiyo BMWからは乗用車の贈呈、そして球場に訪れたファンからは大きな祝福の拍手が送られました。

(11)スーパーマリンフェスタ2016閉会後には大サイン会開催!

 本イベントが閉会した後も、大サイン会を開催してファンとの交流が続けられました。大サイン会は球場への入場時に配布された10,000枚のラッキーカードに、千葉ロッテマリーンズのマスコットキャラクター・まーくんが描かれていた方のみが参加できました。マリンピックで敗北した赤組の選手達は仮装した姿で大サイン会に登場しました(笑)。

鈴木選手。仮装がよく似合っていますね。

(12)最後の最後まで楽しませてくれる!

 最後には球場外のボールパークステージでマスコット達と、千葉ロッテマリーンズのチアガール・M☆Splash!!によるスペシャルショーが開催されました。本イベントも終わり、日が暮れて少し寂しい気持ちになっていたとしても明るい気持ちで帰路につけますね。応援してくれるファンへの熱い感謝の気持ちが伝わってきました。

(13)【まとめ】ファン感謝デーに参加して球団からの想いを感じよう!

 ファン感謝デーのモデルケースとして、千葉ロッテマリーンズが開催したスーパーマリンフェスタ2016をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?当日は本記事で紹介した以外の魅力的な催しも開催されていました!まだファン感謝デーに参加したことがない千葉ロッテマリーンズファンは来年、是非とも参加してください。


 また皆様、自分が応援しているチームのファン感謝デーに是非とも参加してください。千葉ロッテマリーンズはもちろん12球団、シーズンを支えてくれたファンのために特別な催しを用意しています。来年の11月には是非とも、自分が応援しているチームのファン感謝デーに参加しましょう!


 本記事からファン感謝デーの雰囲気を少しでも感じて貰えれば幸いです。

【取材協力】
・株式会社千葉ロッテマリーンズ
http://www.marines.co.jp/

・日本セイバーメトリクス協会
会長 鳥越規央
http://www.j-sma.org/

※本サイトへの許可なく画像・文章などの無断転載、無断引用を禁じます。

この記事のライター

関連する投稿


東京近郊でプロ野球応援グッズを購入できるお店を紹介します!

東京近郊でプロ野球応援グッズを購入できるお店を紹介します!

東京都内で実際に手に取りながらプロ野球応援グッズを購入できるショップをご紹介します!ネット通販が発達しても実際に手にとってから購入したいと考えている方も多いと思います。今回、ご紹介する店舗はいずれも試合が開催されていない日でもオープンしていますので来店しやすいです!


ZOZOマリンスタジアムで<親子・カップルで楽しめる春のデータ観戦入門>が開催されました!

ZOZOマリンスタジアムで<親子・カップルで楽しめる春のデータ観戦入門>が開催されました!

2017年4月22日、ZOZOマリンスタジアムで<親子・カップルで楽しめる春のデータ観戦入門>が開催されました。このイベントでは「千葉ロッテマリーンズ対オリックスバファローズ」戦を題材に、初心者向けにデータで野球を楽しむ方法を学ぶことができる講座です。


ZOZOマリンスタジアムで<野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>が開催されました!

ZOZOマリンスタジアムで<野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>が開催されました!

2017年4月5日(水)、<野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>がZOZOマリンスタジアム開催されました。統計学者 鳥越規央先生が野球にまつわる様々なデータをもとにわかりやすく解説してくれました。


プロ野球中継をネットで楽しもう!スポナビライブではじまる新しい野球の楽しみ方

プロ野球中継をネットで楽しもう!スポナビライブではじまる新しい野球の楽しみ方

「ネットでプロ野球を楽しみたい…」と望まている方に朗報!ソフトバンクがサービス開始をはじめたスポナビライブを利用すればお手持ちのiPhone、iPad、スマートフォン、タブレット、パソコンでプロ野球を楽しむことができるようになります!


プロ野球のユニフォームのこだわりポイントを著名人が紹介!

プロ野球のユニフォームのこだわりポイントを著名人が紹介!

プロ野球観戦に出掛ける際にユニフォームはオススメの応援グッズです。しかし様々な種類が販売されているので「どれを買えばいいか分からない…」とお悩みの方もいらっしゃるのでは?そこでプロ野球ファンを公言する著名人の皆様から、こだわりのユニフォームを紹介していただきました!


最新の投稿


東京近郊でプロ野球応援グッズを購入できるお店を紹介します!

東京近郊でプロ野球応援グッズを購入できるお店を紹介します!

東京都内で実際に手に取りながらプロ野球応援グッズを購入できるショップをご紹介します!ネット通販が発達しても実際に手にとってから購入したいと考えている方も多いと思います。今回、ご紹介する店舗はいずれも試合が開催されていない日でもオープンしていますので来店しやすいです!


【株式会社共同通信デジタル  インタビュー】野球のデータがどのような会社から提供されているのか興味はありませんか?

【株式会社共同通信デジタル インタビュー】野球のデータがどのような会社から提供されているのか興味はありませんか?

テレビ中継などで配信されている野球のデータがどのような会社から提供されているのか興味はありませんか?最近はテレビ中継でも「投手の変化球の使用割合」なども細かく教えてくれますよね。そこでBaseball365はプロ野球のデータ提供を行う株式会社共同通信デジタルに取材をさせていただきました。


ZOZOマリンスタジアムで<親子・カップルで楽しめる春のデータ観戦入門>が開催されました!

ZOZOマリンスタジアムで<親子・カップルで楽しめる春のデータ観戦入門>が開催されました!

2017年4月22日、ZOZOマリンスタジアムで<親子・カップルで楽しめる春のデータ観戦入門>が開催されました。このイベントでは「千葉ロッテマリーンズ対オリックスバファローズ」戦を題材に、初心者向けにデータで野球を楽しむ方法を学ぶことができる講座です。


野球部のマネージャーの仕事ってどんなこと?「裏方」の実態を調査!

野球部のマネージャーの仕事ってどんなこと?「裏方」の実態を調査!

野球チームにはマネージャーというチームを支えてくれる裏方の存在が必須ですが、具体的な仕事内容はあまり知られていませんよね。そこでBaseball365では、都立 日野高校の3年生マネージャー・加納藍海さんにインタビューを行いました。


ZOZOマリンスタジアムで<野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>が開催されました!

ZOZOマリンスタジアムで<野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>が開催されました!

2017年4月5日(水)、<野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>がZOZOマリンスタジアム開催されました。統計学者 鳥越規央先生が野球にまつわる様々なデータをもとにわかりやすく解説してくれました。