少年野球用グローブの選び方&手入れマニュアル【野球用品専門店ベースマン監修】

少年野球用グローブの選び方&手入れマニュアル【野球用品専門店ベースマン監修】

子どもの体力向上、教育のために少年野球に興味を持たれている方も多いのではないでしょうか?「まずはキャッチボールからやらせてみたい」と考えているご両親もいらっしゃるかと思いますので、野球用品専門店ベースマンで統括本部長を務める池北晃明さん(以下 池北さん)に少年野球用グローブの選び方と手入れの注意点を伺ってきました。


 子どもの体力向上、人間関係の学びの場として少年野球に興味を持たれているご両親も多いのではないでしょうか?少年野球は子どもの基礎体力の向上はもちろん、挨拶の仕方から先輩に対する礼儀まで一般常識を学ばせることができます。「まずはキャッチボールからやらせてみたい」と考えているご両親もいらっしゃるでしょう。
 
 そこで野球用具の専門家である池北さんに少年野球用グローブの選び方と手入れの注意点を伺ってきました。池北さんは東京都新宿区にある野球用品専門店ベースマンの統括本部長を務めながら、グローブ職人としての顔も持ちます。まさに「野球用具の生き字引」という言葉がよく似合う池北さんのアドバイスをご紹介します!
 

はじめのグローブはちょっと大きいくらいで大丈夫

 少年野球用のグローブを選ぶ際にまず、アドバイスさせていただきたいことが「ちょっと大きめのグローブを選ぶ」という事です。確かに販売されているグローブは利便上、S・M・Lとサイズ分けがされています。しかしながらグローブは指先で掴むように作られているので少々、大きくても問題はありません。もちろん、守る予定のポジションも関係してきますが、何処を守るか分からないという場合はちょっと大きめのグローブが良いでしょう。
 
 何故、少し大きめのグローブを推奨するのか?まず、考えて頂きたいのが小さいグローブ=ボールを取りやすいというわけではないからです。子どもの身体が小さかったとしても決して、ボールは小さくなりません。ボールの大きさが小さくならないのに、グローブをドンドン小さくしてしまったら取りにくくなっていってしまいますよね?もしも外野手をやる予定ならば、なおさらちょっと大きめのグローブを使ったほうが良いでしょう。
 

グローブを選ぶ際は子供の直感を大切に

 グローブを選ぶ際に一番、大切にして頂きたいのが子どもの直感です。「この色が好き!」ですとか、「坂本選手と同じモデルが欲しい!」ですとか、「手に馴染む!」ですとか子どもの直感を大切にしてあげてください。多少、硬かったとしても当店では蒸気のフィットボックスで柔らかくしてあげることができますのでご安心ください。子どもの直感に合うグローブを買い与えてあげたほうが長続きします。

SSKのSSJ641 スーパーソフト オールラウンド用。柔らかくてすぐに使えて子ども達から好評

ローリングスのGJ6G110 raw16ss カラーバリエーションが豊富で子どもたちから支持を集める

ミズノの坂本勇人選手モデルは子供たちに大人気

使い終わったら、汚れをとる

 グローブを使い終わったら、タオルやブラシで土埃の汚れをちゃんと取り除く様に指導してください。汚れを放置しておくと水分を吸い取られてしまい、グローブの革がカサカサになってしまいます。外でグローブを使ったら汚れを取り除くことを習慣づけるようにしましょう。

オイルの塗り過ぎは要注意!

 適度にオイルを塗りこんであげて、グローブに潤いを与えてあげて下さい。これは人間の皮膚に置き換えれば、分かりやすいでしょう。例えば冬の乾燥した時期に、皮膚がカサカサになって割れた経験がある人も多いのではないのでしょうか?グローブも人間の皮膚同様、適度な潤いが必要なのです。スポンジ、布などでオイルを塗りこんで革に潤いを与えましょう。現在は汚れ落とし、艶出し、保革が1つで全てできるマルチクリーナーオイルも販売されているのでオススメです。

人気製品のローリングスのスパーマルチクリーナーオイル。これ1つで汚れ落とし、艶出し、保革ができる。

 オイルを塗りこむ目安はグローブの使用頻度によって変わってきます、注意深くグローブを観察して乾燥している部分に塗りこみましょう。毎日使うならば捕球面を3日に一度程度。全体部分を月に一度程度です。

 オイルを塗りこむ際、注意して頂きたいのが塗りすぎないということです。
オイルを塗りこみ過ぎると革が腐ってしまいます。グローブを買い与えたばかりの時期だと、必要以上に塗りこんでしまうケースをよく目にします。

雨の日にグローブを使ったら陰干ししよう

 時には雨天でもグローブを使うことになると思いますが、家に帰ってきたら新聞紙を詰めて風通しが良い場所で陰干ししてください。ビショビショにしたままにしておくと、せっかくのグローブが傷んでしまいます。本当は乾燥機にかけても良いのですが、匂いが残ってしまうのであまりオススメできません。

大人の経験を押し付けずに暖かく見守る

 一番、注意して頂きたいのが「大人の経験を子どもに押し付けない」という事です。グローブの購入が終わったら少年野球チームに入団したり、キャッチボールをはじめるかと思います。どんなにグローブを直ぐに使えるようにしてあげても、低学年の子どもはまだ上手にキャッチできません。

掴むようにグローブを使うようにいっても、子どもが小さい内は握るようにしか使えない

上手にできないたびに怒っていたら、子ども達は嫌になって野球を辞めてしまいます。成長すれば自然と上手になるので、最初は「キャッチできたら褒める」くらいで良いのです。子どもは無限の成長の可能性を秘めているので、放っておいてもできるようになるのでご安心ください。

記事監修にご協力いただいた野球専門店ベースマン・飯田橋本店

【住所】〒162-0824 東京都新宿区揚場町2-17
 
1F:飯田橋本店
TEL:03-3268-8989
FAX:03-3235-6511
 
2F:ジュニアフロア
 
TEL:03-3260-6061
FAX:03-3260-6061
 
【営業時間】AM10:00~PM8:00
【定休日】第3水曜日(10月~2月)
【HP】http://www.baseman.co.jp/
 
東京ドームから電車で一駅!豊富な商品在庫を誇り子どもから大人まで、アマチュアからプロ野球選手まで全てのプレイヤーの支持を集めています。

※本サイトへの許可なく画像・文章などの無断転載、無断引用を禁じます。

この記事のライター

関連するキーワード


池北晃明 グローブ

関連する投稿


山田哲人を魅了したグローブ・Donaiya(ドナイヤ)【前編】

山田哲人を魅了したグローブ・Donaiya(ドナイヤ)【前編】

東京ヤクルトスワローズの二塁手・山田哲人選手(以下、山田選手)が、愛用するDonaiya(ドナイヤ)のグローブについて取材しました。グローブに込められた想いは何か?


最新の投稿


「外野手」とは?攻走守3拍子揃うのが理想!【野球ポジション#4】

「外野手」とは?攻走守3拍子揃うのが理想!【野球ポジション#4】

プロ野球はオフシーズン。来シーズンへの予習も兼ねて改めて「外野手」について紹介します。外野手とは本塁から見て、左側を守る左翼手と右側を守る右翼手、そして左翼手と右翼手の中間地点を守る中堅手といった外野の守備に就く3人の野手のことを指します。


つば九郎本鳥による単行本手羽渡し会が開催!

つば九郎本鳥による単行本手羽渡し会が開催!

日本シリーズも終わり2017年のプロ野球が終了。試合が開催されなくなるオフシーズンですが、各球団、ファンとの交流を深めるために様々なイベントを開催しています。そこで東京ヤクルトスワローズのつば九郎が11/9、自身を題材にした漫画「天にむかってつば九郎 第2巻」手羽渡し会を行ったのでモデルケースとして紹介します


11/3 神保町に野球に関する本が勢揃いしました!

11/3 神保町に野球に関する本が勢揃いしました!

 11/3文化の日、東京・神保町に野球に関するありとあらゆる書籍が集められて「神保町野球ブックフェア」が開催されました。野球に関係する様々な本の販売はもちろん、トークショーも堪能することができます。まさにプロ野球ファンのためのブックフェアと言っても過言ではないでしょう。


10/30 東京カルチャーカルチャーで野球ファン交流戦が行われました!

10/30 東京カルチャーカルチャーで野球ファン交流戦が行われました!

皆さんは、東京カルチャーカルチャーで開催された「野球ファン交流戦」というイベントをご存知でしょうか?野球ファン交流戦は、言うならば野球ファンによる野球ファンのためのコミュニケーション型イベントなのです。


野球選手の脚を守る!ストッキングを解説!

野球選手の脚を守る!ストッキングを解説!

野球をプレイするにおいてグローブ、スパイクなどの道具は必須ですが、ユニフォーム、アンダーソックス、そしてその上に履くストッキングなどといった衣類も必須なのです。そこで今回は、存在自体があまり知られていないストッキングについて解説します!