鳥越規央先生インタヴュー/セイバーメトリクスのススメ

鳥越規央先生インタヴュー/セイバーメトリクスのススメ

日本におけるセイバーメトリクスの第一人者・鳥越規央先生(以下、鳥越先生)に、統計学的な見地から野球を分析する意義を訪ねました。セイバーメトリクスが球界に果たす役割とは?


 セイバーメトリクスの日本における第1人者・鳥越先生に、野球を統計学的見地から客観的に分析する意義をインタヴューしました。ブラッド・ピットが主演した映画「マネーボール」の影響で、既にセイバーメトリクスという言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか?本インタヴューを通じて、セイバーメトリクスが球界に果たす役割を探ります。
 
 ここで「セイバーメトリクスって何…?」という方のために簡単に補足させていただきます。セイバーメトリクスとは「選手成績」「試合経過」を統計学的に分析する事でチーム経営方針や、勝つための戦略作りに役立てる手法の事です。活用方法次第では市場に発掘されていない名選手を確保する事ができるので、予算を抑えながらも強いチーム作りが可能になります。先述の映画「マネーボール」はオークランド・アスレチックスが、セイバーメトリクスを活用して「安くて強いチーム」を作り上げた実話なので鑑賞してみてください。

認識を改める

──本日はインタヴューへのご協力、ありがとうございます。まずは鳥越先生が、セイバーメトリクスを啓蒙する意義を教えて下さい。

 私がセイバーメトリクスの啓蒙活動を行う一番の理由は、「選手へ正当な評価を与えて欲しい」という思いがあるからです。監督・球団フロントの印象や経験則だけで年俸を決めるのではなく、ちゃんと仕事をした選手に正当な評価をして欲しいと強く願っています。

──不当な評価の具体例があれば教えて下さい。

 例えば「守備範囲が広いがために、エラー扱いにされる」などが良い例でしょう。ボールに追いつけるけど結果、捕球できなくてエラー扱いにされてしまう事ってありますよね?

──ありますね。

 一概にエラーと一括りにするのは良くないです。並の野手なら届かないようなボールに追いつけたからこそ、二塁打を内野安打に抑えられたということも往々にあるのですよ。このように職務を果たしている選手を評価してあげることこそがセイバーメトリクスの役割だと、私は考えています。

──ちゃんと評価をしてあげると、選手も「やる気」ができますよね

 その通りです。野球界が更に活発になっていくと思います。他にも選手起用の際にも、公平性が生まれます。

──例えば…代打起用の際とかでしょうか?

 そうです。控え選手が監督に対して「なぜ俺じゃなくて、あいつを使ったんですか?」と聞くとしましょう。「あいつの方が打ちそうな目をしていた‥」と言われるのと、「あいつの方が◯◯投手に対してこれだけ打っていて、球種などの相性も良いというデータがある」と言われるのとではどちらが納得できますか?

──圧倒的に後者です。

 感覚だけの起用ですと、首脳陣が選手に対して十分な説明ができません。これでは最終的に選手が腐るか、腐らないかにまで関わってきてしまいます。

──感覚だけの起用だと最終的には、ただの感情論になってしまう印象です…。

 本当、その通りです。セイバーメトリクスと同様に、全日本女子バレーでも眞鍋(政義)監督がデータを有効に活用しています。選手起用の際に、思い込みを排除し、客観的な目線でチームビルドを行っています。数字と共に説明ができるのでチーム内から「何故、自分だけが…」といった不満が生まれにくくなりましたからね。

自身の正当報酬を勝ち取るために活用

──セイバーメトリクスを活用すれば、自身の適正年俸を勝ち取れる印象を受けましたがいかがでしょうか?

 広島東洋カープ・近鉄バファローズで「左のワンポイント」として活躍しつづけた清川(栄治)さんが、好例でしょう。1992年のオフにセイバーメトリクスの指標を使って年俸交渉をし、実際に年俸を上乗せしてもらったという例があります。まだセイバーメトリクスという言葉が、日本に普及していない頃のお話ですが。

──適性評価を勝ち取るために活用された好例ですね。清川さんはどのような指標を活用されたのですか?

 清川さんはランナーを背負った状況の登板で、そのランナーを生還させる確率が非常に低かったのです。これをIR%(インヘリテッド・ランナー率)と言うのですが、そのシーズンの清川さんのIR%が11.7%。これが他チームのどの投手よりも優れていたということが評価されたようです。

機械的に「左投手だから右打者」と起用するのは危険

──他にも認識の間違い…、例えば野球観戦をしていると「右投手だから、左打者を並べる」と言った采配をよく見かけますが、如何でしょうか?

 ケースバイケースではありますが、機械的に「左投手だから右打者…」と起用するのは危険です。確かに「左投手が苦手…」って左打者は数多く存在します。しかし、全てに当てはまるわけではないですよ。例えばイチロー選手は、左投手に強い左打者ですからね。

──あぁ…確かにイチロー選手に左投手をぶつけるのは、自ら不利になりに行くようなものですよね…。

 面白いのが2010年の中日ドラゴンズ VS千葉ロッテマリーンズの日本シリーズ第2戦です。千葉ロッテマリーンズは左投げの(ビル)マーフィー投手でした。一方、中日ドラゴンズは左打者をずらっと並べました。

──おお。一般のセオリーだと「読み違えたか…?」と思うでしょうね。

 実はマーフィー投手、左打者の方が苦手だったのですよ。ご存知の通り、当時の中日ドラゴンズは落合(博満)さんが監督されていました。実は、落合さんはデータをしっかりと活用されていたということをお聞きしました。

──こ…これは…!落合竜が強かった理由が分かったような気がしました…!

守備シフトは効果がある

──現在のセイバーメトリクスは守備シフトも結構、考慮しますよね。

 しますね。それこそNPBでも「柳田シフト」「ゴメスシフト」「エルドレッドシフト」「ロペスシフト」なども誕生していますしね。

──効果の程はいかがなのでしょうか?

 やはり効果はありますよ。タンパベイ・レイズ、ヒューストン・アストロズをはじめとしたメジャーリーグ球団では積極的に採用しています。この前、ロサンゼルス・ドジャース vs コロラド・ロッキーズの試合で、前田(健太)投手が出場した試合が面白い例ですね。

──その試合でも極端な陣形が敷かれたのですか?

 前田投手がマウンドにいて、コロラド・ロッキーズのカルロス・ゴンザレス選手と対戦した際です。一塁手と二塁手の間に、三塁手が置かれる極端な陣形を敷きました。

──これまた、極端ですね…!

 打球はライナー性の当たりで、三塁手の真正面。右方向の打球なのにサードが捕球したので記録は「サードライナー」ですよ(笑)。

──それだけ極端なシフトを敷いたら、裏をかく事を考える打者も出るのではないでしょうか?

 もちろんシフトは必ずしも成功するとは限らないです。実際、その裏にロサンゼルス・ドジャースのエイドリアン・ゴンザレス選手のあたりはボテボテのサードへのゴロでした。

──普通でしたら三塁手が捕球して、1塁に送球して終了ですよね。

 カルロス・ゴンザレス選手の打席の際と同じように一塁手と二塁手の間に、三塁手が置かれていたためにレフト前ヒットになりました。

──同じ”ゴンザレス”なのに全く、異なる結果になったのですね(笑)。

 裏目に出てしまう場合もありますが、統計的にアウトの数を増やせるのならばチーム側は積極的に採用したいでしょうね

──最終的な目標がペナントを勝ち抜くことですものね。

 ただ、メジャーリーグのコミッショナーは極端な守備シフトを嫌がっているようですけどね。

高額な「助っ人」よりも、「アナリスト」を採用したほうが結果に繋がる場合も

──極端な話になるかと思いますが「◯◯億円の助っ人!」よりも、優秀な統計アナリストを採用したほうが効果的だと思うのですがいかがでしょうか?

 おっしゃるとおりだと思います。好例が日本ハムファイターズで、2005年にBOS(ベースボールオペレーションシステム)という評価システムを1億円かけて導入して、輝かしい結果を残していますからね。

──1億円っていうと、1軍の主力1人の年俸ですよね。

 そうですね。結果は良好で、総年俸を抑えながらも、結果を残し続ける事ができるチーム作りに成功したので投資以上の効果を回収したと思いますよ。

──このような試みは、日本ハムファイターズが初の試みだったのですか?

 実は日本では千葉ロッテマリーンズが初と言われています。1995年にボビー・バレンタイン氏が、第1次政権を構えていた時です。ポール・プボ氏という統計アナリストを連れてきてデータ野球を展開しました。

──結果はいかがでしたか?

 2位という、素晴らしい結果を残されましたよ。10年ぶりのAクラス入りも果たして大成功でした。しかし1年で解雇されてしまいましたが…。

──何故、1年で解雇されてしまったのでしょうか?

 私に真実はわかりかねますが、方針の違いではないのでしょうか…。現場のコーチ達が統計アナリストの知見を受け入れ、使いこなせるとは限りません。このような葛藤は、現在のメジャーリーグでも完全に解消されていませんからね。

OPSは打者の今を簡単に知れるので、入門に最適

──まだセイバーメトリクスをよく知らない野球ファンが、抑えておくべき指標を教えて下さい。

 そうですねぇ…出塁率+長打率で導き出すことができるOPSは打者の今の状況を知るのに一番、簡単で良いと思います。

──確かにOPSは格付けもシンプルだし分かりやすいですよね。

 例えば昨年度、トリプルスリーを獲得した東京ヤクルト・スワローズの山田(哲人)選手と、福岡ソフトバンクホークスの柳田(悠岐)選手はシーズンOPSが1を超えているのでそのシーズンは「超一流の打者」という評価になります。

──両名の活躍した印象とも、結びつきやすいですね。

 現在、札幌ドームなどでは詳細に表示していますから直ぐに分かりますよね。また、OPSならデータサイトでも直ぐに把握することができるのでチェックしてみてください。

鳥越先生、オススメのデータサイト

──鳥越先生のおすすめのデータサイトを教えて下さい。

 以下の5つのサイトであれば、セイバー系のデータが簡単に確認ができるのでオススメです。この中から自分にとって使いやすいサイトを見つけてもらえれば幸いです。

◯essence of baseball
◯プロ野球ヌルデータ置き場
◯データで楽しむプロ野球
◯プロ野球データフリーク
◯baseball lab

──ご紹介いただいたサイトの中で、鳥越先生のオススメがあれば教えて下さい。

 そうですね…「essence of baseball」がUZR、WARといった現代のセイバーメトリクスを形成する数値が確認できるのでオススメです。これらの数字を公開したのでは日本ではここが初でしょう。

──今回、教えて頂いたデータサイトを見ながら観戦を行うと、今までとは異なる視点から野球を楽しめそうですね。

 私は場合によってはこれらのサイトをパソコンで見ながら、現地観戦をしていますよ。

──えっ、横浜スタジアムや神宮球場のような屋外でもですか?

 はい(笑)。PCを充電できる球場ができたら、本当に助かります。

──教えていただいたサイトをチェックしながらの観戦ですと、自分の好きな選手をより信じるために活用できそうですね…!

「ザ・ベストテン」が数字への意識を強めた

──鳥越先生が、セイバーメトリクス…統計学的見地から野球へのアプローチをはじめたのが2006年頃でしたよね?

 はい、その通りです。

──それ以前からプロ野球はお好きでしたか?

 もちろん、大好きでしたよ!それこそ小さい頃から…、1番、記憶に古いのが長嶋監督の第1次政権…1975年ごろから野球は大好きです。もっとも長嶋監督の現役引退試合は記憶にないですが。この時期の私は王(貞治)さんが狙っていたホームラン記録に、夢中になっていました。

──確かその時期はハンク・アーロン氏が、ベーブ・ルース氏のホームラン記録を抜いた時期でしたよね。

 そうです、1974年にアーロンが715号を打ってメジャー記録を更新し、1976年に755号を打ちました。それを追いかけるように王さんが1976年に715号、1977年9月3日に世界新記録となる756号を達成して…。テレビや新聞での報道が加熱していましたからね。

──王さんの記録に夢中になりましたか?

 なりましたね…!私は大分出身なのですが、王さん目当てで隣の宮崎県まで巨人のキャンプを観に行きましたからね。ただ、本格的に野球を理解出来はじめたのは1981年からです。それまでBSOと言われても「何、それ?」だったんです。

──原(辰徳)さんが巨人に入団した年からですか。

そこからは「江川、西本、定岡の先発3本柱」ですとか色々と学習していきました。私の両親もプロ野球が好きだったので、その時期に「ジャイアンツ大百科」を買い与えてくれたのも大きかったです。

──どのような内容が掲載されていたのですか?

 一軍主力選手はもちろん、二軍選手まで網羅された百科事典です。他にもブルペンキャッチャーの所さんとか、ありとあらゆる情報が載っていましたよ。とにかく、熟読しました!

──まさに読売ジャイアンツの全てを知ることができる百科事典だったのですね。

 しかも私がジャイアンツ大百科を熟読していた時期と同じ頃に「ザ・ベストテン」という歌謡曲をランキングする番組が放送されていて、数字への意識をつよめることになりました。

──確か黒柳徹子さんが司会をされていた番組でしたよね。

 当時、歌謡曲をランキングして放送するのはテレビ界でもはじめての試みでした。思えばこの番組を第1回から見ていたから、よっぽど私は数字が好きなのでしょうね。「西城秀樹のヤングマンが最高得点の9999点取った!」とかね(笑)。野球も打率やホームランのランキングを新聞でチェックするのが大好きでしたし。

──ある意味では「ザ・ベストテン」が現在の鳥越先生を形成したとも言えるのですね(笑)。本日はインタヴューへのご協力ありがとうございました!

<編集後記>

 鳥越先生へのインタヴュー、いかがでしたか?セイバーメトリクスは、選手が正当な評価を得るためのツールだと鳥越先生が教えてくれました。もしもセイバーメトリクスがより普及したら、日本球界の地力が強化されますね。本インタヴューが、皆様のセイバーメトリクスへの関心を高めることに繋がれば幸いです。

※本サイトへの許可なく画像・文章などの無断転載、無断引用を禁じます。

この記事のライター

関連する投稿


宮原華音さん、ZOZOマリンスタジムでデータ野球を楽しむ!

宮原華音さん、ZOZOマリンスタジムでデータ野球を楽しむ!

2017年8月22日(火)、ZOZOマリンスタジアムで<[第6回]データで楽しむ野球観戦>が開催されました。本イベントでは「千葉ロッテマリーンズ  VS 東北楽天ゴールデンイーグルス」のカードを題材に統計学者の鳥越規央先生と、ゲストに迎えたアクション女優・宮原華音さんが野球を楽しむ方法を教えてくれました!


フライボールレボリューションも!GG佐藤さんとデータ野球観戦!

フライボールレボリューションも!GG佐藤さんとデータ野球観戦!

2017年8月9日(水)、ZOZOマリンスタジアムで<[第5回]データで楽しむ野球観戦 特別編~G.G.佐藤プロデュース データで"キモティー!"~>が開催されました。本イベントでは統計学者の鳥越規央先生と、千葉ロッテマリーンズOB・G.G佐藤さんが野球を更に楽しむ方法を教えてくれました!


猪狩ともかさん、ZOZOマリンスタジムでデータ野球を楽しむ!

猪狩ともかさん、ZOZOマリンスタジムでデータ野球を楽しむ!

 2017年5月17日(水)、ZOZOマリンスタジアムで<「データマニア必見」データで楽しむ野球観戦スペシャルパーティー>が開催されました。本イベントは「千葉ロッテマリーンズ VS 埼玉西武ライオンズ」を題材に統計学者 鳥越規央先生(以下 鳥越先生)が、データを活用してプロ野球を楽しむ方法を教えてくれました。


ZOZOマリンスタジアムで宮田翔子さんと野球観戦を楽しむ方法を学ぶ!

ZOZOマリンスタジアムで宮田翔子さんと野球観戦を楽しむ方法を学ぶ!

2017年4月22日、ZOZOマリンスタジアムで<親子・カップルで楽しめる春のデータ観戦入門>が開催されました。このイベントでは「千葉ロッテマリーンズ対オリックスバファローズ」戦を題材に、初心者向けにデータで野球を楽しむ方法を学ぶことができる講座です。


ZOZOマリンスタジアムで<野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>が開催されました!

ZOZOマリンスタジアムで<野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>が開催されました!

2017年4月5日(水)、<野球で学ぶ統計学入門~学生歓迎ZOZOマリン春期課外講座~>がZOZOマリンスタジアム開催されました。統計学者 鳥越規央先生が野球にまつわる様々なデータをもとにわかりやすく解説してくれました。


最新の投稿


ZOZOマリンスタジアムでプレイボールズとプロ野球観戦を楽しむ!

ZOZOマリンスタジアムでプレイボールズとプロ野球観戦を楽しむ!

5月18日(金)、ZOZOマリンスタジアムで絶対直球女子!プレイボールズと野球観戦を楽しむことができる、特別なイベントが開催されました!会場はフィールドテラス・スイート。当日は様々な催しが用意されていて、来場いただいた皆様は存分に楽しまれていました。


特典付き!千葉えりかさん、古田ちさこさんとZOZOマリンでBBQを楽しもう!

特典付き!千葉えりかさん、古田ちさこさんとZOZOマリンでBBQを楽しもう!

6/1(金)、ZOZOマリンスタジアムで、千葉えりかさんと古田ちさこんと野球観戦を楽しみながらBBQを楽しむことができる特別企画チケットが発売されました!対戦カードは千葉ロッテマリーンズ VS 広島東洋カープ。野球女子と共に楽しむ試合観戦と、BBQは特別な想い出を作るのに最適でしょう。


5/18 ZOZOマリンスタジアムでプレイボールズとキャッチボールを楽しもう!

5/18 ZOZOマリンスタジアムでプレイボールズとキャッチボールを楽しもう!

5/18(金)野球をテーマにしたアイドルグループ「絶対直球女子!プレイボールズ」と、ZOZOマリンスタジアムでキャッチボールを楽しむことができることをご存知でしょうか?是非、「キャッチボール&Oマリンシート」を購入して参加しましょう!


「野球」と「伝説の再戦」と「初夏の富山観光」を一気に楽しめる 「高速スライダー号応援バスツアー」

「野球」と「伝説の再戦」と「初夏の富山観光」を一気に楽しめる 「高速スライダー号応援バスツアー」

株式会社 R.E WORKSは、WILLER 株式会社と共同で、伊藤智仁と富山 GRN サンダーバーズを応援するツアー企画「高速スライダー号応援バスツアー~下道では低速で すけど何か~」の提供を開始します