則本昂大が侍ジャパンのエースに抜擢される3つの理由

則本昂大が侍ジャパンのエースに抜擢される3つの理由

東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂大投手(以下、則本投手)が侍ジャパンで不動のエースの座を掴む事ができる可能性がある!今シーズン、プロ野球史上初の「新人からの4年連続開幕投手」を務めると、これまた史上初の「開幕3連勝 & 3戦連続二桁奪三振」を飾り我々の期待を高め続けてくれているのだ。


 「優れた奪三振率」「長い投球回数」「国際舞台での実績」の3点から、則本投手が侍ジャパンで先発投手の柱・エースに任命される可能性が高い。2016年度、シーズンインの久米島キャンプでは「粉骨砕身」の四文字を掲げ、全てにおいてキャリアハイを力強く宣言。本記事を執筆している4月29日時点で「6試合4勝1敗」。奪三振数はリーグ1位の「55」。先発のゲームメイク能力を診るクオリティスタート率は堂々の「100%」。さらに7回以上自責点2以内のハイクオリティスタート率は「50%」。その決意に違わぬ成績を残している。2017年に迫る第3回WBCに向けて、飛ぶ鳥を落とす勢いで優れた結果を残し続けているのだ。

【Fact1】 驚異の奪三振率=高いリスク回避率

 9イニングあたりの三振奪取数を表す奪三振率が優れているから、則本投手は侍ジャパンのエースに相応しいと考える。データを見てみると現在、則本投手の奪三振率はNPB平均6.71を遥かに上回る11.75を記録。2016年4月29日現在、この数字が二桁越えを記録するのは両リーグで則本投手、岩貞祐太投手(阪神タイガース)、今永昇太投手(横浜DeNAベイスターズ)の3人だけだ。「開幕3連勝 & 3戦連続二桁奪三振」は伊達ではなかったのだ。
 
 
 では、何故に奪三振率が優れている投手が有利なのか? 簡単に言ってしまえば三振でアウトカウントを取る事ができるほど、不慮の事故による失点を防げる確率が高くなるからだ。野球は打球がフィールドに飛んでいった場合、約3割の確率で安打になることが統計で裏付けられている。打ち取ったと思った当たりでもヒットになり、失点に繋がるケースは珍しくない。一方で三振を狙う投球はそもそも、バットに球を触れさせないので不慮の事故のリスクを大きく減らすことができるのだ。
 
 
 則本投手の傑出した奪三振能力を支える秘訣は何か?それは2015年まで東北楽天ゴールデンイーグルスでチームメイトだった斎藤隆投手から教わった落ちる変化球・フォークの切れ味が優れているからだ。フォークを持ち球に本格配備した2014年以降、奪三振能力が飛躍的に高まった。150km超えを連発するストレートと、低めに鋭く落ちるフォークのコンビネーションで打者に高低を強く意識させて自身の打撃を見失わせるのだ。

【Fact2】イニングイーターは投手陣の台所事情を助ける

 則本投手は長い投球回を一人で受け持てるイニングイーターでもあるので、侍ジャパンのエース候補に挙げることができる。先発が1回でも長く投球できるという事は、中継ぎのリリーフ投手陣の消耗を抑えることができる。投球回の多さは数字にも現れ、この3年間の投球回数は合計567.1回とメッセンジャー投手(阪神タイガース)、前田健太投手(当時広島東洋カープ)に次ぐ両リーグ3位だ。多くの投球回を任せられる則本投手はチームの投手陣のやりくりを容易にしてくれる貴重な存在なのだ。

【Fact3】すでに国際舞台で実績を残している

 則本投手は国際舞台でも好投を見せて結果を残しているから、侍ジャパンのエース候補として考えることができる。思い出されるのは2014年の日米野球 第3戦。則本投手以下の優れた投手陣によるノーヒットノーランリレーでMLB選抜をスコア4-0で降した試合。5回まで則本投手が先発を務め、投げた60球に対しMLB選抜は27球でバットを振りにきたが、打球を前に打ち返すことすら許さなかった(※内訳は図を参照)。

ロビンソン・カノ選手(シアトル・マリナーズ)、ジャスティン・モーノー選手(コロラド・ロッキーズ)といった名だたるメジャーリーガー達を相手に6奪三振のパーフェクト・ピッチングを披露。海の向こうを震撼させた。来年のWBCでもこのときの再現をし、則本投手が好投すれば侍ジャパンの2大会ぶりの優勝も近づくはずだ。
 
 
 なお昨年11月に実施されたプレミア12での準決勝では無念の降板を味わったが、これは則本投手の真価ではない。不慣れな中継ぎ起用、さらにリリーフ専門投手でも難しいとされる回またぎ登板だったことを考えると責任を追求するのは酷というもの。則本投手の本来の持ち味は先発起用でこそ発揮されるのだ。

【まとめ】2017年に向けて更なる飛躍を!

 則本投手は高い奪三振率を誇り、長い投球回数を担当でき、国際舞台でも結果を残しているので侍ジャパンの不動のエースに成長することを強く期待できるだろう。シーズンを通して、ライバル達とお互いを高め合いながら第3回WBCに向けて備えて欲しい。則本投手をはじめとした優れた侍ジャパンの選手たちが世界を驚かせる事を期待する。

※本サイトへの許可なく画像・文章などの無断転載、無断引用を禁じます。

関連する投稿


宮原華音さん、ZOZOマリンスタジムでデータ野球を楽しむ!

宮原華音さん、ZOZOマリンスタジムでデータ野球を楽しむ!

2017年8月22日(火)、ZOZOマリンスタジアムで<[第6回]データで楽しむ野球観戦>が開催されました。本イベントでは「千葉ロッテマリーンズ  VS 東北楽天ゴールデンイーグルス」のカードを題材に統計学者の鳥越規央先生と、ゲストに迎えたアクション女優・宮原華音さんが野球を楽しむ方法を教えてくれました!


プロ野球中継をネットで楽しもう!スポナビライブではじまる新しい野球の楽しみ方

プロ野球中継をネットで楽しもう!スポナビライブではじまる新しい野球の楽しみ方

「ネットでプロ野球を楽しみたい…」と望まている方に朗報!ソフトバンクがサービス開始をはじめたスポナビライブを利用すればお手持ちのiPhone、iPad、スマートフォン、タブレット、パソコンでプロ野球を楽しむことができるようになります!


プロ野球のユニフォームのこだわりポイントを著名人が紹介!

プロ野球のユニフォームのこだわりポイントを著名人が紹介!

プロ野球観戦に出掛ける際にユニフォームはオススメの応援グッズです。しかし様々な種類が販売されているので「どれを買えばいいか分からない…」とお悩みの方もいらっしゃるのでは?そこでプロ野球ファンを公言する著名人の皆様から、こだわりのユニフォームを紹介していただきました!


本物の試合でプロ野球データ分析を実体験!『統計学者、鳥越規央先生と観るプロ野球・千葉ロッテマリーンズ観戦講座』レポート

本物の試合でプロ野球データ分析を実体験!『統計学者、鳥越規央先生と観るプロ野球・千葉ロッテマリーンズ観戦講座』レポート

2016年8月、千葉ロッテマリーンズの本拠地・QVCマリーンフィールードで実際の試合を観戦しながら、プロ野球のデータ分析を体験するイベントが開催されました!解説を務めたのは野球統計学「セイバーメトリクス」に関する著者を複数、発表されている鳥越規央先生。そして絶対直球女子!プレイボールズがアシスタントを務めました!


絶対直球女子!が選ぶ2016年度注目プロ野球選手

絶対直球女子!が選ぶ2016年度注目プロ野球選手

アイドルグループ「絶対直球女子!プレイボールズ(以下 プレイボールズ)」に所属する篠塚つぐみさん、中本羽鞠さん、石田千紘さんへ2016年度に注目したいプロ野球選手を質問した!果たしてベースボールアイドルが選ぶ注目選手は誰か?


最新の投稿


「二塁手(セカンド)」とは?遊撃手と共にセンターラインを形成! 【野球ポジション#7】

「二塁手(セカンド)」とは?遊撃手と共にセンターラインを形成! 【野球ポジション#7】

皆様は、二塁手(セカンド)にどのようなイメージをお持ちでしょうか?飛んできた打球の処理は勿論、盗塁のベースカバーや、中継プレイのカットマンとして見ることも多いですよね。思い浮かぶシーンが多いということは、それだけ役割も多いということです。今回は、野球において多くの役割を担う二塁手についてご紹介します!


野球の「監督」とは?チームを束ねる存在!

野球の「監督」とは?チームを束ねる存在!

プロ野球界ではシーズンに向けて,高校野球では憧れの舞台である甲子園大会に向けて選手達は日々練習に取り組んでいます。そんな一人一人の選手を束ね、チームを作り、勝利に導く存在である「監督」。今回は他のスポーツとは違う野球監督の仕事,歴代の名将など「野球 監督」について詳しくまとめていきます。


「投手(ピッチャー)」とは?チームの中心選手!【野球ポジション#6】

「投手(ピッチャー)」とは?チームの中心選手!【野球ポジション#6】

野球は無失点なら絶対に負けることはありません。つまり、打者にボール投げる役割を持つ投手(ピッチャー)がとても重要なポジションだということが分かりますね。今回はそんな重要なポジションである投手についてご紹介します!


野球人口は低下している!?これからの野球界はどうなる?

野球人口は低下している!?これからの野球界はどうなる?

近年、野球人気の低下や、野球人口の減少を嘆く声が多く聞こえてきます。そこで今回は、野球人口の現状や、プロ野球界や地域が取り組んでいる野球人気復活のための活動をご紹介します!


眼鏡をかけて思う存分野球を楽しもう!

眼鏡をかけて思う存分野球を楽しもう!

「素振りや走り込みはしっかりやっているのに、なぜか全く試合で結果がでない。」そんな悩みの原因は「視力」にあるかもしれません。そんな悩みを解決するために「野球✖眼鏡=ダサい」という、あなたの固定概念を壊します。眼鏡をかけて野球をすることのメリットについて紹介していきます。