山田哲人を魅了したグローブ・Donaiya(ドナイヤ)【前編】

山田哲人を魅了したグローブ・Donaiya(ドナイヤ)【前編】

東京ヤクルトスワローズの二塁手・山田哲人選手(以下、山田選手)が、愛用するDonaiya(ドナイヤ)のグローブについて取材しました。グローブに込められた想いは何か?


 山田選手が愛用するグローブメーカー・Donayaの村田裕信社長(以下、村田社長)へ、インタビューを行いました。ご存知の通り2015シーズンに山田選手は「トリプルスリー」をはじめとした輝かしい成績を残しました。そんな、輝かしい成績を残した山田選手を支え続けてきたグローブは特注品ではなく、なんとDonaiyaの市販品!何が山田選手を魅了したのか…?山田選手が惚れ込んだ、市販品グローブの秘密に迫ります。
  
 参考資料として山田選手が、2015シーズンに獲得した数々のタイトルをまとめました。既にご存知の方は読み飛ばして頂いても大丈夫です。
 
・「トリプルスリー」(打率.329、38本塁打、34盗塁)※史上9人目
・「本塁打王」
・「盗塁王」
・「最高出塁率」(出塁率.416)
・「2015年セ・リーグ ベストナイン」(二塁手)
・「2015年セ・リーグMVP」
・「本塁打王と盗塁王の同時獲得」※史上初
・「トリプルスリーを達成しながら、盗塁王の同時獲得」※史上初
 
惜しくもゴールデングラブ賞は逃してしまいましたが、受賞者の菊池涼介選手(広島東洋カープ)を越える守備率9.989の数字を残しました!

日本だけが過保護すぎる

──本日はインタビューへのご協力ありがとうございます!山田選手は本当に市販されているものをそのまま、使われているのですか?

 その通りです。山田選手が愛用してくれている「DJIM」は、スポーツ店で誰でも購入することができますよ。特注品ですとか、私からしたら日本球界だけが過保護すぎるように感じています。メジャーリーガーは市販品を使うのが当たり前ですからね。

──メジャーリーガーたちのグローブは、日本人選手達のようにオーダーメイドではないのですか?

 市販品のいわゆる「定番」をそのまま使用していましたね。私はDonaiyaを立ち上げる前の前職で用具開発や、プロ野球選手の担当をしていました。その当時にメジャーリーグのキャンプに帯同させていただきましたが、みんな市販品を使っていました。バリー・ボンズやイバン・ロドリゲス達は、市販品で優れた結果を残していたんですよ。

──なんと…!

 一人ひとり、違うグローブを使うのは恐らく日本だけではないでしょうか?日本では子供用でも、オーダーメイドを頼むことができますからね。

──アメリカで市販されているグローブの方が高品質なのでしょうか…?

 そういうわけではないです。日本のプロ野球選手だって技術は高いのだから、本当は市販品でも十分なパフォーマンスを発揮できるはずです。それこそ山田選手だって、Donaiyaの市販品をそのまま使っていますからね。

──確かに…山田選手の2015シーズンの守備率は優れていましたものね。

定番の「DJIM」を4年間、愛用する

──続いては村田社長と、山田選手との出会いを教えて下さい。

 確か入団初年度…。山田選手がヤクルトに入団したばかりの時でした。

──当時はどのような印象でしたか?

 入団当初、山田選手は遊撃手でしたので、池山(隆寛)さんのように育っていくと思っていました。

──山田選手、身体はスラっとしていますし、背が高いですものね。

 そうそう、イケメンですしね(笑)。記録は残さないけど人気者になるだろうとは思っていました。人気がでるだろうとは思っていたけど、「トリプルスリー」の獲得は予想外でした(笑)。

──山田選手はどのような経緯で、Donaiyaのグローブと巡りあったのですか?

 確かロッカールームだったかなぁ…。山田選手がいきなり「村田社長!今シーズンからDonaiyaのグローブを使います!」って言ってきたんですよ。「こいつ…冗談、言っているな」と思ったのですが(笑)。蓋を開けてみたら、Donaiyaの定番「DJIM」を4年間、愛用し続けてくれています!

──プロ野球選手は同じグローブを、何年も愛用し続けるものなのですか?

 いえいえ、一般的に内野手は1年に5つくらい、グローブを使っています。しかし山田選手はずっと1つだけを愛用してくれています。今では私も、山田選手も手の平をひっくり返して二人共、一生懸命ですよ(笑)。

「人」が素晴らしいから契約した。

──山田選手はグローブを丁重に扱われるタイプですか?

 今はもの凄く、丁重に取り扱っていますよ。最初はグローブに対して興味が無かったようですけど(笑)。でも扱い方や、手入れの意図等を話し合っていくうちに本人もグローブに対する意識が変わっていきました。凄く大事に取り扱ってくれるようになりました!守備に対する意識も向上したし、グローブの手入れも一生懸命おこなうようになりました。

──山田選手の守備能力の向上の秘訣は、グローブへの意識変革だったのかもしれませんね…!続いては手入れについて、教えていただいてもよろしいですか?

 例えば、グローブのレース…紐の部分の締め具合などですね。ペナントが始まり、試合をこなしていくとレースが伸びていってしまうのですよ。チームが関西に来る度に再調整を施して万全の状態に仕上げます。

──この締め具合は時期によっても変わりますか?

 もちろん変わります。ペナントが開幕したばかりの時期は体力に余裕があります。しかし、終盤にもなると動き辛くなっていきます。そうなるとボールが引っ掛かりやすくなる締め具合に変更してあげます。

──「トリプルスリー」という結果を獲るために、用具面でも細心の注意を払われていたのですね…!

 Donaiyaが山田選手とアドバイザリー契約を結ばせてもらったのは、彼が一生懸命だからです!グローブに興味を持ってから熱心に質問してくるようになったし、練習も誰よりも一生懸命に取り組んでいます。

──山田選手の練習量は凄まじいと言われていますものね…。

 現代っ子なところもありますが(笑)。山田選手は、本当に野球に一生懸命なんです。だから、ゴールデングラブを獲得して欲しい気持ちが凄く強いですし応援してあげたくなります。Donaiyaは彼の「人」が素晴らしいから契約しました。

──山田選手の熱意が村田社長の心を動かされたのですね。

 ある時、「村田社長が一生懸命、対応してくれるからDonaiyaを使う」って山田選手が言ってくれたのが凄く嬉しかった…!一緒に御飯に行ったりする機会は多いですが二人共、恥ずかしくて冗談しか言いませんし(笑)。本当に嬉しかった…。

教わったことを継承していく

──続いてはDonaiyaの名付け親、池山コーチ(元・東京ヤクルトスワローズ 現・東北楽天ゴールデンイーグルス 一軍打撃コーチ)とのエピソードを聞かせてください。

 池山さんの方が年上で、本当に色々な事を教えてくれました。私が右も左も分からない素人だった時、球界での仕事の仕方を惜しみもなく教えてくれました。Donaiyaのグローブも、池山さんに教えてもらった知識がなければ誕生しませんでした。池山さんから教わったことを、若い子たちに伝えていければと思います。

──池山コーチが、現在の村田社長を作ったと言っても過言ではないのですね。

 私は池山さんの現役生活、最後の1年しか携わることができませんでした。当時はグローブの素人だったので一杯、悔いがあります…。

──当時は現在より、豊富な知識はなかったのですか?

 その通りです。今は、月日が流れて僕なりの知識も蓄積できてきました。選手のグローブの型づけをしてあげたり、球場まで出向いてメンテナンスを施してあげたり、グローブの使い方を教えてあげられるまでに成長できました。これらのサポートを池山さんに施してあげる事ができていたら…。だから池山さんにできなかった分を、山田選手に施してあげているのだと思います。

──奇しくも池山コーチも、山田選手も東京ヤクルトスワローズの背番号「1」を受け継いだもの同士ですね…!

 あっ、ほんまや(笑)。池山さん、今はコーチでやられていますが、何年か前に二人のときに「現役の時にもっとサポートができなく、すみませんでした…」と謝りましたよ。そしたら池山さん、「お前はちゃんと、やってくれていた」って言ってくれました…。二人とも関西人だから、普段は冗談ばかり言っているのでこういう話はあまりできませんが(笑)。

二人でグローブを育て、備える

 今は山田選手のためにグローブを育てています。

──なんと!

 そろそろ、新しいグローブを育てていく必要がありますからね。今、山田選手が試合で使っているのが4シーズン目になります。当然、革製品なので長く使い続けていると耐久性の問題もでてきます。

──グローブは村田社長の手元で、育てられているのですか?

 1つは私の手元で、もう1つは山田選手が育てています。今は2つ育てています。

──「グローブを育てる」とは具体的にどのような事をされるのですか?

 捕球をよりスムーズにするために、ポケット部分を作りこんでいきます。私はソフトボールでのプレイを通じて、山田選手は練習で使って育てていきます。お互い、それぞれでグローブを育てていきチームが大阪に来たタイミングなどで交換します。その後は交換したグローブを、またお互いが育てていきます。

──山田選手は硬球で、一方の村田社長はソフトボールでポケットを作っていくのですか…!

 ソフトボールを使って育てていった方が、ポケットが広くなるんですよ。ポケットを広げたら、後は山田選手が捕球する部分だけを仕上げていけば完成です。余談ですがポケットにソフトボールを挟むのは、プロの選手もやっていますよ。

──育てられたグローブは、いつ頃に投入される予定ですか?

 まだ分からいないですね。オールスター明け、もしくは来シーズンですね。いずれにしてもグローブのバックアップは、あらゆるシチュエーションを想定して用意する必要があります。試合中にレースが切れてしまうアクシデントだって、考えられます。いつでも新しいグローブを投入しても大丈夫なように育て、準備しておく必要があるのです。

Donaiyaはプロクオリティーを市販する

──Donaiyaを立ち上げた後、プロに無償でグローブを提供される事はありますか?

 アドバイザリー契約を結んだ山田選手以外は一切、ないです。Donaiyaは俗に言う「ばら撒き」は一切、やっていません。プロ野球選手の皆様からも、自費で購入いただいています。皆様、本当に気に入った上で買っていただいています。

──「プロだから…」と言って、特別な仕様を受け付ける事はありますか?

 ありません(笑)。「ここを1mmだけ狭めて…」と言われても聞き入れることはできません。グローブの色や、ウエブは変更できますが「◯◯選手のためだけの特注…」と言った物は作りません。納期だって早く注文した者勝ちですので、プロ野球選手の皆様も順番待ちをしていただいています。Donaiyaはプロのために立ち上げたメーカーではないですからね。

──Donaiyaのグローブは本当にプロクオリティーの商品を市販しているという事なのですね…!

<編集雑記>

 インタビュー後半では村田社長がグローブ開発に携われたきっかけ、Donaiyaのグローブに込められた想い、そして野球界の将来についての想いを紹介します。何故、プロ品質のグローブを手の届く価格で販売するのか?乞うご期待!

☆Donaiya様 Facebookページ

☆Donaiya様 記事後半はこちら!

※本サイトへの許可なく画像・文章などの無断転載、無断引用を禁じます。

この記事のライター

関連する投稿


東京近郊でプロ野球応援グッズを購入できるお店を紹介します!

東京近郊でプロ野球応援グッズを購入できるお店を紹介します!

東京都内で実際に手に取りながらプロ野球応援グッズを購入できるショップをご紹介します!ネット通販が発達しても実際に手にとってから購入したいと考えている方も多いと思います。今回、ご紹介する店舗はいずれも試合が開催されていない日でもオープンしていますので来店しやすいです!


プロ野球中継をネットで楽しもう!スポナビライブではじまる新しい野球の楽しみ方

プロ野球中継をネットで楽しもう!スポナビライブではじまる新しい野球の楽しみ方

「ネットでプロ野球を楽しみたい…」と望まている方に朗報!ソフトバンクがサービス開始をはじめたスポナビライブを利用すればお手持ちのiPhone、iPad、スマートフォン、タブレット、パソコンでプロ野球を楽しむことができるようになります!


 東京都内バッティングセンター特集!野球少年もお父さんも楽しめる!

東京都内バッティングセンター特集!野球少年もお父さんも楽しめる!

バッティングセンターでは野球の技術向上は勿論、手軽にストレス発散をすることが出来ます。そこで「硬式球が打てる」「左打席も十分にある」「160kmに挑める」「安い値段で遊べる」「意外性抜群」といった様々な条件にも答えてくれる、東京都内のバッティングセンターをご紹介します。


歴代達成者は名選手揃い!トリプルスリー達成が如何に難しい記録か解説します!

歴代達成者は名選手揃い!トリプルスリー達成が如何に難しい記録か解説します!

2015年、ユーキャン流行語大賞に選出されたこともあり野球ファン以外も「トリプルスリー」という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか?このトリプルスリーは達成することが非常に困難な記録なため、誰もが認める名選手も取り逃してきました。


プロ野球のユニフォームのこだわりポイントを著名人が紹介!

プロ野球のユニフォームのこだわりポイントを著名人が紹介!

プロ野球観戦に出掛ける際にユニフォームはオススメの応援グッズです。しかし様々な種類が販売されているので「どれを買えばいいか分からない…」とお悩みの方もいらっしゃるのでは?そこでプロ野球ファンを公言する著名人の皆様から、こだわりのユニフォームを紹介していただきました!


最新の投稿


甲子園遠征の際の宿泊ホテルは梅田駅周辺がベスト!

甲子園遠征の際の宿泊ホテルは梅田駅周辺がベスト!

阪神甲子園球場まで野球観戦のために遠征する際は「交通の便の良さ」「充実した施設」の2点から、大阪府内の梅田駅周辺でホテルを予約することをオススメします。阪神本線を利用すれば梅田駅から甲子園駅までおよそ15分で到着可能!


絶対直球女子!プレイボールズ 秋季キャンプチケット好評発売中!

絶対直球女子!プレイボールズ 秋季キャンプチケット好評発売中!

2017年9/29(金)、ZOZOマリンスタジアムでの「千葉ロッテマリーンズ VS オリックス・バファローズ」のカードを対象に絶対直球女子!プレイボールズとの観戦企画が開催されます!チケットは発売初日に即日完売!この度、ファンの皆様の要望に応えるためにエクストラチケットが追加発表されました。


老舗・美津和タイガーが販売するバット・レボルタイガーは革新的な技術が採用されている!

老舗・美津和タイガーが販売するバット・レボルタイガーは革新的な技術が採用されている!

美津和タイガーという野球用具メーカーをご存知でしょうか?掛布雅之さんをはじめとした伝説とも言えるプレーヤー達が愛用したメーカーなのです。そこで株式会社フラッグ 美津和タイガー事業部 担当・山内さんに美津和タイガーの哲学が体現されていると言っても過言ではないバット・レボルタイガーについて取材を行いました。


仮面女子 猪狩ともかさんが始球式でアンダースローを披露!

仮面女子 猪狩ともかさんが始球式でアンダースローを披露!

9月8日(金)メットライフドームで開催された「埼玉西武ライオンズ VS 北海道日本ハムファイターズ」のカードでの始球式、仮面女子 猪狩ともかさんがアンダースローを披露して球場を沸かせました!


【パ・リーグファン必見!】パ・リーグTVを使ってインターネットで野球中継を楽しもう!

【パ・リーグファン必見!】パ・リーグTVを使ってインターネットで野球中継を楽しもう!

皆様はインターネットでパ・リーグの試合を楽しむことができるパ・リーグTVをご存知でしょうか?パ・リーグTVの使い心地を徹底解剖するため、仮面女子・猪狩ともかさんにレビューしていただきました。猪狩さんは本物の埼玉西武ライオンズファン。パ・リーグを知り尽くした目線でレビューしていただきました。