インフィールドフライとは?難しいルールをわかりやすく解説

インフィールドフライとは?難しいルールをわかりやすく解説

あなたは、「インフィールドフライ」というルールについて説明できますか?なんとなくは知っていても人に言葉で詳しく説明できるという人は少ないのではないでしょうか。このページでは、野球の「インフィールドフライ」というルールをわかりやすく解説しています。


インフィールドフライ、この言葉を聞いたことはあるけど、意味についてよく理解できないという方も多いのではないでしょうか?
特定のランナーシーンにおいて、バッターが内野フライを打ち上げると宣告されます。

でも、
「このルールは何を意味するんだろう?」
「落球したらどうなるの?」
このように、思う方も多いでしょう。

そういった疑問に答えるべく、わかりやすく解説していきます。

インフィールドフライとは?

インフィールドフライは、落球後の不当なプレイを生み出さないためにも、野球に欠かせないルールの一つ。
以下で詳しく解説していきます。

「ノーアウト or ワンアウト」で「ランナー1・2塁 or 満塁」が条件

・「ノーアウト or ワンアウト」で「ランナー1・2塁 or 満塁」

の場面で、バッターが内野フライを打ち上げたことを想定します。
そして審判から、「内野手が簡単にキャッチできる」と判断されれば「インフィールドフライ」の成立です。

つまり、内野手がキャッチできるかどうかに関わらず、バッターのアウトが確定します。

「インフィールドフライ」がなければ、どうなってしまうのか?

「インフィールドフライ」というルールが存在しないことを想定します。

たとえば、ノーアウトでランナー1・2塁のシーン。
バッターは内野フライを打ち上げたとします。
そうなると、ランナーは安易にベースを離れることができません。

故意に、もしくは故意でないにしろ、
守っている内野手がフライを落球することで、ランナーは進塁する必要が発生します。
しかし、落球後の判断になるためランナーは進塁が遅れます。

つまり、フォースプレイ(例えばランナー1塁というシーンで、バッターがゴロを打った際に、守備についている選手が2塁に向かうランナーにタッチすることなく、2塁を踏むだけでアウトにできる状況のこと)を生んでしまいランナーは不利になります。
そのため、守備側は多くのアウトを得ることが可能になります。

こういった守備側の”意図的なプレイ”を防ぐためにも、作られました。

打球がファウルゾーンに打ち上がった場合は、どうなる?

以下の場合、インフィールドフライの宣告は取り消されます。

・野手が、ファウルゾーンでボールに触れて落球した
・野手は触れずに、ボールがファウルゾーンに直接落下した
・ボールが内野に落ちたあと、ファウルゾーンに転がった後で触れた

それに伴って、バッターのアウトは取り消されます。
ランナーは、投球前の塁上に戻されます。

ランナーが守備妨害をした場合は、どうなる?

インフィールドフライと同時に守備妨害が発生したら、
打球がフェア or ファールなのか、審判の宣告を待つ必要があります。

そして、審判がフェアだと宣告したら、守備を妨害したランナーとバッターはともにアウトになります。

ただし、ランナーはベースについていた状態であれば、インフィールドフライに触れてしまっても、守備妨害になることはありません。

インフィールドフライが宣告されない場合

以下の場合においては、インフィールドフライは適用されません。

ツーアウトの場合

ツーアウトの場合には内野にフライが上がっても、インフィールドフライが宣告されることはありません。
守っている野手側はフライをキャッチすればスリーアウトとなり、交代になるため、意図的に落球する意味がないためです。

「ノーアウト or ワンアウト」で、「ランナー2塁 or 3塁 or 2・3塁」の場合

この場合もインフィールドフライが宣告されることはありません。
ファーストにランナーがいないため、フォースプレイを利用したゲッツーが起こり得ないためです。

また、通常の内野フライであれば、ランナーがタッチアップすることは不可能です。
しかし、もし落球してしまえば、3塁ランナーはホームインする可能性があります。

そのため、守っている野手側は意図的に落球する意味はなく、インフィールドフライは宣告されないのです。

「ノーアウト or ワンアウト」で、「ランナー1塁 or 1・3塁」の場合

この場合もインフィールドフライが宣告されることはありません。
ランナー1塁の場合には内野フライの落球であれば、バッターが走塁を怠らない限りゲッツーは起こり得ないためです。
つまり、1塁ランナーを入れ替えるだけの形です。

しかし、守っている野手側は不規則なバウンドにも対応しなければなりません。
リスクを背負ってまで、意図的に落球する意味はありません。
※バントフライ、ライナーの場合もインフィールドフライには含まれない。

インフィールドフライにより、サヨナラゲームを記録した試合

インフィールドフライによって、サヨナラゲームが成立した試合もあります。

有名なのは、2015年5月4日に起きた「広島対巨人」の試合です。

2対2の同点、9回裏1アウト、満塁の場面。
攻撃側は広島、守備側は巨人です。

広島の小窪選手が打ち上げた打球は内野フライ。
サードの塁審は「インフィールドフライ」を宣告。
この時点で、広島のランナーには「インフィールドフライ」が伝わりました。

また、守備側の巨人は連携のミスもあり、フライをキャッチできませんでした。
このとき、ホームベースの主審は「フェア」を宣告。
インフィールドフライではなく、「フォースプレイ」を意味しています。

いずれにしても、ランナーは進塁する権利があります。
落球の隙を見たサードランナー(野間選手)はホームベースに突入しました。

一方、守備側の巨人は、フォースプレイによる守備動作が行われます。
ホームベースを踏んだことで、主審は「アウト」という判定をしました。

それを見た広島の三塁コーチは、主審に押しかけて抗議する形に。
サード塁審の判定通り「インフィールドフライ」であれば、フォースプレイではなくランナーにタッチする必要があるためです。

結果は、「主審の判定」ではなく、「サードの審判」による判定が適用されました。
これによって、インフィールドフライによる広島のサヨナラ勝ちになったのです。

まとめ

インフィールドフライについて、ご理解いただけましたでしょうか。
特定のシーンにおいて、不当なプレイを生み出さないためにも必要なルールです。
ぜひ、これを機に覚えてみてください。

執筆:shuu0213(https://sepadaisuki.hatenablog.com/)

この記事のライター

関連するキーワード


インフィールドフライ

最新の投稿


OPSとは?強打者を見極めるために有効な指標

OPSとは?強打者を見極めるために有効な指標

OPSは、「長打率+出塁率」で求めることができます。打者を評価する指標として優れていて、数値が高いほど強打者であるといえます。一方で、OPSは万能な指標とはいえません。このページでは、OPSとは何なのか、わかりやすく解説するとともに、万能な指標ではない理由をご紹介しています。


長打率とは?一度の打数でどれだけ遠くの塁に進むことができるのかを表す指標

長打率とは?一度の打数でどれだけ遠くの塁に進むことができるのかを表す指標

長打率とは、「一度の打数でどれだけ遠くの塁に進むことができるのか」を表す指標のことです。なんとなくわかっていても、具体的に説明できるという方は少ないでしょう。このページでは、長打率とは何なのか?わかりやすく解説していきます。


UZRとは?野手の本当の実力を計る守備指標!

UZRとは?野手の本当の実力を計る守備指標!

野球におけるUZR(アルティメット・ゾーン・レーティング)とは、野手の守備力を評価する指標のことです。 選手の本当の実力を計るために開発された守備指標と言われています。 今回は、UZRとは何なのか?算出方法や、具体的に2018年に優秀な成績だった選手をご紹介したいと思います。


伊藤智仁の高速スライダーをVR(バーチャルリアリティ)で再現

伊藤智仁の高速スライダーをVR(バーチャルリアリティ)で再現

古田敦也さん監修、11月3日(土)東京国際映画祭のコラボイベントで初披露。株式会社R.E WORKS(東京都世田谷区、代表取締役社長:加藤謙次郎)では、提携アスリートである伊藤智仁氏(元ヤクルトスワローズ投手)の代名詞とも言える「高速スライダー」をNTTデータの映像技術によってVRとして再現しました。


ZOZOマリンスタジアムでプレイボールズとプロ野球観戦を楽しむ!

ZOZOマリンスタジアムでプレイボールズとプロ野球観戦を楽しむ!

5月18日(金)、ZOZOマリンスタジアムで絶対直球女子!プレイボールズと野球観戦を楽しむことができる、特別なイベントが開催されました!会場はフィールドテラス・スイート。当日は様々な催しが用意されていて、来場いただいた皆様は存分に楽しまれていました。