プロ野球選手を支えるスポーツトレーナー

プロ野球選手を支えるスポーツトレーナー

スポーツトレーナーとはプロ野球選手を初めとしたスポーツ選手が最大限の力を発揮できるように、身体の状態を管理する大切な存在です。チームのコーチやドクターと連携しながら適切なアドバイス、指導で選手の状態を上げるサポートをします。


(1)プロスポーツ選手と共に闘うスポーツトレーナー

 スポーツトレーナーとはプロ野球選手を初めとしたスポーツ選手が最大限の力を発揮できるように、身体の状態を管理する大切な存在です。チームのコーチやドクターと連携しながら適切なアドバイス、指導で選手の状態を上げるサポートをします。スポーツニュースなどで「トレーナー」と聞くと医療に携わるイメージを持たれるかと思いますが、必ずしも治療の専門家というわけではないのでご注意ください。

(2)野球界を支えるスポーツトレーナーの種類とは?

 野球界においてのスポーツトレーナーの種類は主に3つに分けられます。それぞれが連携しながら運動に関わるあらゆる傷害に関してのリスク管理、パフォーマンス向上、トレーニングメニューの考案など質の高いサポートを行います。

(2-1)トレーニングをサポートするコンディショニングコーチ

 1つ目はコンディショニングコーチ(フィジカルコーチ)です。プロ野球選手の体幹強化、パフォーマンスの向上をサポートするために、トレーニングプログラムを提案して指導します。正しいトレーニング、栄養学の知識などが求められます。

(2-2)応急処置、リハビリをサポートするアスレティックトレーナー

 2つ目はアスレティックトレーナーです。スポーツ障害、外傷の予防、応急処置、リハビリテーションを行うメディカル面に特化しているトレーナーで「認定アスレチック・トレーナー(JATAC-ATC)」「日本体育協会公認アスレティックトレーナー(JASA-AT)」といった民間資格が存在します。有資格者は日本代表チームなど帯同する際に高く評価されます。

(2-3) 1対1で選手をサポートするパーソナルトレーナー

  3つ目はパーソナルトレーナーです。1対1でコンディショニング管理、トレーニングをサポート、メンタルケアなど仕事は多岐に渡るので信頼関係が大事になります。シーズン中の体のケアや、食事のアドバイスは勿論、リハビリのサポートなど、選手のニーズに合わせたサポートが主な仕事になります。

(3)スポーツトレーナーになるためには、医療系国家資格を取得すると有利!

 実は、スポーツトレーナーになるというだけであれば、特別に必要な資格はありません。しかしながら医療系の国家資格(鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士など)の資格を保有していると自身が担当することができる業務が増えます。実際、プロスポーツチーム所属トレーナーの大半は国家資格を所持しています。これからスポーツトレーナーを目指す上で有利に働くでしょう。

(4)中々、募集されていないスポーツトレーナーの求人

 やはり、スポーツトレーナーを志している多くの人が目指すのはプロスポーツチームや、プロスポーツ選手の元で仕事をすることではないでしょうか。そういった所が出している求人はほとんどが非公開求人です。入団するにも紹介などがほとんどなので、チャンスがやってくるまでに、しっかりと準備できるように技能を高めておく必要があります。まずは、母校の部活などで地道にトレーナー経験を積んでいくことが夢を叶える近道になるでしょう。

(5)気になるスポーツトレーナーの年収、給料

 スポーツトレーナーの年収は約300万円〜800万と言われています。スポーツトレーナーは経験を積むことで、技能が高まり、仕事が充実していくので、給料も年数とともにアップしていきます。トレーニング理論に精通している人や、スポーツ傷害に対する対応力がある人はさらに良い条件の契約オファーを貰うことになっていくでしょう。

(6)スポーツトレーナーには、もちろん女性でもなれる!

 スポーツトレーナーには、もちろん女性でもなることができます。日本では、女性トレーナーの話は聞くことはほとんどないですが、MLBのロサンゼルス・ドジャースでは、スー・ファルソンさんという方が、2012~2013年まで、アメリカのプロスポーツリーグで初めての女性ヘッドアスレティックトレーナーとして活躍しました。こういうことから、スポーツトレーナーを志す女性が増えていけば良いですね。

(7)スポーツトレーナーはスポーツ界以外でも活躍できる!

 スポーツトレーナーには、スポーツ以外でも活躍の場が存在します。有名所だと棋士や、音楽バンド、オーケストラと契約を結んでいるスポーツトレーナーもいます。棋士には、対局で疲れない体作りの支援、音楽バンド、オーケストラには、過密な公演を耐え切るために体のケアや、体調管理の指導を行いサポートするなど、様々な仕事があります。このように、プロチームなどスポーツの現場だけでなく、スポーツトレーナーには活躍する場が沢山あるのです。

(8)スポーツトレーナーがいてこそのプロスポーツ

 プロ野球界問わず、プロスポーツ界にはスポーツトレーナーが必要不可欠です。私たちが、レベルの高い試合を見ることができるのは、スポーツトレーナーの方々が、選手たちを最高のパフォーマンスを発揮できるようにしてくれるからです。スポーツトレーナーの方々に感謝しつつ、これからもプロ野球観戦を楽しみましょう!

【記事執筆】
高野昭喜

【企画立案・原稿編集】
小林英隆

※本サイトへの許可なく画像・文章などの無断転載、無断引用を禁じます。

この記事のライター

関連するキーワード


スポートトレーナー

最新の投稿


宮田翔子さん オリックス・バファローズ春季キャンプ応援見学ツアーレポート!

宮田翔子さん オリックス・バファローズ春季キャンプ応援見学ツアーレポート!

東京からオリックス・バファローズを応援している宮田翔子さんが「オリックスバファローズ春季キャンプ応援見学ツアー」のレポートを届けてくれました!


「一塁手(ファースト)」とは?攻守においてチームに貢献する主力!【野球ポジション#8】

「一塁手(ファースト)」とは?攻守においてチームに貢献する主力!【野球ポジション#8】

一塁手のイメージとして、強打者を思い浮かぶという方が多いのではないでしょうか。一塁手は、あまり目立ちませんが、守備面でも非常に大きい役割を持っており、一塁手を守る選手は、攻守においてチームに貢献する主力の場合が多いです。そこで、今回はあまり知られていない一塁手についてご紹介します!


【beLEGEND監修!】野球選手必見!プロテインの効果的な飲み方を教えます!

【beLEGEND監修!】野球選手必見!プロテインの効果的な飲み方を教えます!

野球をプレーされている皆様は次のシーズンに向けての身体づくりのため、そして成績向上のためにプロテインの利用を検討されているのではないでしょうか?そこでプロテイン「beLEGEND(ビーレジェンド)」を販売する株式会社リアルスタイルで事業部長を務める上野拓人さんに、効果的なプロテインの飲み方を教えていただきました。


KANSENアプリを広めるお手伝いをしていただける方を大募集!!

KANSENアプリを広めるお手伝いをしていただける方を大募集!!

今回、KANSEN株式会社(以下、弊社)では運営する、プロ野球ニュースアプリ「KANSEN」を広めていただくお手伝いをしていただける方を募集しています。プロ野球界の情報を得ながらスキマ時間で報酬を得るチャンスです。もちろん在宅でお手伝いいただくことができます。


野球選手は食事を大切にする必要があります

野球選手は食事を大切にする必要があります

野球選手にとって、食事はとても重要です。最近では、プロ野球界でも食事運動が盛んになり、「食事で体を作る」ということが重要視される傾向になっています。しかし、何の考えも持たずに、むやみに食事をするだけでは、逆に悪い影響が出てしまう場合もあります。今回は野球選手にとって重要な食事について解説していきます!