人生でやりたいこと、成し遂げたいことを大切に。ずっとワクワクしていたい。-元群馬ダイヤモンドペガサス選手 遠藤靖浩さん

元群馬ダイヤモンドペガサス選手 遠藤靖浩さん

野球をプレイする人ならば、誰しも一度は「プロ野球選手になりたい」と願うのではないだろうか。しかし、そこからプロ入り、トップスター選手となれるのはほんの一握り。ほとんどのプレイヤーは、中学、高校、大学といったどこかのタイミングで自分の限界を知り、一線を退く。

今回尋ねたのは、独立リーグのひとつであるBCリーグ群馬ダイヤモンドペガサスに2008年、2009年と所属し、現在は求人広告代理店、株式会社アクシアエージェンシーで働く遠藤靖浩さん。オフィスの受付を済ませると、一目で「スポーツをやっていたのだろう」と確信できる背格好をした遠藤さんが出迎えてくれた。

今はメンバーを十数人抱える部長職。しかし「ここに至るまではそこそこ大変な道のりだったんですけどね」と笑う彼に、学生時代のこと、BCリーグ時代のこと、そしてプレイヤーを離れてからのことを聞いた。

元群馬ダイヤモンドペガサス選手 遠藤靖浩さん

「今思えば、そこまで野球と真剣に向き合っていなかった」学生時代

茨城県小美玉市(旧玉里村)出身の遠藤さんが野球を始めたのは中学入学時。小学生のころは家の敷地や近所の公園で近所の友達と遊びで野球をする程度だったという。

「中学・高校と、地区大会で常に一回戦負けするような学校でした。当時から背が高く、高校入学時には184cm。バスケ部からの勧誘もありましたね(笑)」と懐かしむ遠藤さん。中学当時はピッチャーと内野手を経験したが、イチロー選手に憧れ、高校入部時に「外野手しかやったことがありません」と嘘を吐いて外野手に転向したという。その後、1年の浪人生活を経て成城大学に進学し、上京。大学でも野球部に所属するものの、当時は「今思えば、そこまで野球と真剣に向き合っていなかった。真面目には練習していなかったですね」頭をかく。

転機となったのは大学2年の冬。太ももの肉離れを経験し、数か月の戦線離脱を余儀なくされた。遠藤さんにとって初めての大きなケガだった。

「ケガを経験して、時間ができたとき、自分って何のために野球をしているんだろうと考えたんです。そうして気づいたのが、常に心の隅に『プロ野球選手になりたい』という目標があるな、と。大学2年ですから、すでに20歳。目標を叶えるためには、こうしちゃいられないと思いました。ケガが治ってから、ギアを数段上げて本気で野球と向き合い、練習に励むようになりました」

大学3年時に、元ロッテオリオンズの武藤一邦氏が外部講師として野球部を訪れたのも遠藤さんにとって大きな出来事だったという。

「『プロ野球選手になりたいんです』と目標を正直に武藤さんに伝えたら、武藤さんは『そうか、お前が本気なら俺も本気で教えるよ』と言ってくれたんです。これは嬉しかった。お前なんかが、と笑われてもいいような実力だったのに、一切僕の目標を否定せず、まっすぐに毎日のように指導してくれた。午前中は武藤さんのところで練習し、午後から学校に行って自主練、夕方部活、夜は自主練……と、野球漬けの毎日になりました」

独立リーグ時代の元群馬ダイヤモンドペガサス選手 遠藤靖浩さん

盗塁王、リーグ優勝……。それでも「無理だ」と感じさせられた、ある選手の姿

大学を卒業し、いったんは野球部を創設する予定だった企業に就職をしたが、やはり野球部は作らないという方針が入社2ヶ月で出たため、すぐに退職。野球を辞める選択肢もあったが、プロ野球選手になりたいという目標を諦めきれなかった遠藤さんは、野球浪人の道を選択。「当時は一人で走ったり、家の中で丸めた新聞紙をボール代わりに打って練習したり。土日は高校時代の友人にキャッチボールの相手を頼んだこともありました。この半年で、メンタルはかなり鍛えられましたね」と遠藤さん。半年の野球浪人を経て、NPBやBCリーグのトライアウトを受け、BCリーグの新設球団である群馬ダイヤモンドペガサスから指名を受けた。

大学時代や野球浪人時の猛練習が功を奏し、群馬ダイヤモンドペガサス入団後の遠藤さんの活躍は輝かしいものだった。「秦真司監督(当時)の采配と、チームの仲間が素晴らしかった」と遠藤さんは評するが、入団1年目の2008年には盗塁王を獲得、2009年にはリーグ優勝を経験し、NPBのドラフト候補選手にも名を連ねた。

BCリーグではまぎれもなく注目選手。しかし、遠藤さんはリーグ優勝した2009年シーズンを最後に野球から身を引いている。

「2009年、西武ライオンズの2軍と試合をしているとき、(西武の)高卒ルーキーが試合に出ていたんです。彼はどんなシチュエーションでも、チャンスであっても、バントのサインが出ていて、それに従っていました。なぜだかわからないのですが、その選手の姿を見て、『この選手すごいな。ああ、俺は無理だな』とおもったんです 。この選手の上には1軍がいる。2軍で頑張っている18歳と、当時25歳の自分。生まれて初めて(自分にプロ野球は)『無理だ』と感じました」 後日談だが、この時の高卒ルーキーとは現在楽天ゴールデンイーグルスのスラッガー浅村栄斗だったそうだ。

元群馬ダイヤモンドペガサス選手 遠藤靖浩さん

「今も昔も、やりたいことや成し遂げたいことに向かってワクワクしているんですよ」

「野球浪人時代も大変でしたが、野球を辞めてからも結構大変だったんですよ」と遠藤さんは苦笑する。就職をしようにも、約30社にエントリーし、すべてに不採用。正社員募集だけでなく、アルバイトですらすべて不採用になった。「相当、自分がやばかったんでしょうね(笑)」と今は笑い話にできるが、当時はその日を生きていくのにも大変だったという。

路頭に迷った時に求人誌で見つけた「未経験でも楽しめる」の文言。ダメ元で応募した人材系の大手企業で変わった経歴が受け入れられ、契約社員として働くようになった。「奇跡だ、拾ってくれる会社があった、と感動しましたよ」と遠藤さん。

「入社して3か月目、契約社員の営業として働いていた時、全社表彰式というものがあったんです。営業成績上位の人が表彰される、ごく一般的な表彰式ですが、営業が特に多い会社で。おそらく営業だけで1000人以上はいたと思います。『あそこで表彰されたいです』と先輩たちに言ったら、すごく冷ややかな目で見られましたよ(笑)。逆にそれが起爆剤になって、目標に向かって頑張ることができました」

遠藤さんの目標は「プロ野球選手になる」から、「全社表彰式で表彰される」という、また大きなものに変わった。その後の4年間で、通年1回・半期2回、四半期4回、トップ営業マンとして全社表彰されるまでに成長。「一度トップを取るのは誰にでもできる。なら数回取ってやろうと思ったんです。二人三脚で指導してくれたリームリーダーの存在が大きかった」と語る遠藤さんを、かつての先輩たちはどのような思いで見つめていたことだろう。

その後、現在の株式会社アクシアエージェンシーに出向、2017年に転籍。現在は人材採用活動の支援や、自社の人材育成に携わっている。今後、遠藤さんは何を成し遂げていきたいのだろうか。

「今現在37歳。40歳までの3年のうちに、やりたいことが2つあるんです。1つはスポーツ経験者のセカンドキャリアを支援する事業を立ち上げたい。自分がそうであったように、スポーツをやっていた人にはもっとやれることが、活躍の場があるはずなんです。それを支援したい。もう1つは、子どもに対してスポーツを通じた人材育成・キャリア教育をする地域団体を立ち上げたいです。子どもたちの可能性を信じ、広げられるような取り組みを、スポーツを経験した自分だからこそできる取り組みをやっていきたいと思っています」

別れ際、遠藤さんは「今も新しい夢や目標を立てて、ワクワクしているんですよ。人生っていろいろあるので、めちゃくちゃ楽しいです」と笑いながら言っていた。「プロ野球選手」、「トップ営業マン」、そして「スポーツを通じた支援事業」。人生において成し遂げたいことに、常に楽しみながら猛進していく遠藤さんの姿に、襟を正すばかりだ。

(取材・執筆・撮影;山口真央)

よかったらシェアしてね!