球界インタビュー

「今後も野球を続けたい」が「プロに行きたい」に変わったとき -幕張総合高校野球部 村山亮介選手

幕張総合高校野球部 村山亮介選手

「雰囲気が良かったから、幕張総合を選んだ」

「大学でも、野球ができたらいいなと思っています。」

私が彼に初めて会った2年前、当時高校1年生だった彼が呟いた言葉だ。高校生離れした大きな体を持っているのに、どこか自信のなさそうな、声の小さな高校野球男児。それが、幕張総合高校野球部 村山亮介選手だった。

身長185センチ、体重107キロ。遠目で見ても彼の存在はひときわ目立ち、見学に訪れる保護者や他校の監督・コーチでさえも「大きいな」と口をそろえる。

「父はバレーボールをやっていて、体の基礎的なところは父譲りなのかもしれません。僕はバレーボールはやってないですが……」と話す村山は、小学校入学と同時に地元の野球チームに所属。当時はピッチャーとキャッチャーを務めていたという。小学校3年生頃から捕手に専念し、現在もポジションはキャッチャー。幕張総合の扇の要として、マスクを被る。

実力ある私立強豪校がひしめく千葉県で、ほぼ無名の公立高校である幕張総合に入学を決めた理由を尋ねると、「雰囲気がよかったし、設備も充実していたから」と一言。雰囲気の面では、同校OBでもある柳田大輔監督の存在が大きいだろう。選手たちにきさくに声をかけ、マネージャーや保護者会、OB会からの信頼も厚い。シニアチームへの訪問も頻繁に行い、「柳田先生のその姿勢に惹かれ、幕張総合を選んだ」と発する選手も少なくない。また、施設充実度も公立校とは思えないレベル感だ。水はけのよい両翼90mの広々としたグラウンドと、精度の高いスピードガン、同時に3人までが投げられる投球練習場など、選手がのびのびと練習できる環境がそろっている。

幕張総合高校野球部 村山亮介選手2

あの日の言葉が背中を押した

そんな幕張総合高校野球部というチームが気に入り入学した村山選手だが、先述したとおり当初はどこか自信がなさそうな選手だった。恵まれた身体から生み出される打撃は力強かったし、四番をもらえるだけの素質はあるのに……。「大学に行って、野球を続けられたらいいなと思います。その先はまだ考えられません――」当時の村山選手の口から出る言葉に、自信は感じられなかった。

そんな彼が変わった最初のきっかけを作ったのは柳田監督だ。柳田監督のもとより持ち合わせた広い交友関係から、幕張総合には、野球指導者やトレーナーなど、多くの「大人」が訪れる。2020年7月、野球を深くプレイした著名人と、NPB選手も手掛けるスポーツトレーナーが幕張総合を訪れた時のこと。彼らは村山選手に「今の実力は抜きにして、本当はどうなりたいと思っているのか」と問いかけるシーンがあり、そこに私も同席していた。

「プロに行きたいです」

村山選手は、まっすぐな目でその問いに応えた。今まで、「自分なんかがプロに行けるわけがない」という自信のなさから、その気持ちは心の奥底に閉じ込めてきたのだろう。だが、その言葉には照れや気おくれはなく、村山選手の本心だとすぐにわかる一言だった。

幕張総合高校野球部 村山亮介選手3

目標は高校通算50本塁打

その日を境に、村山選手の練習姿勢が変わったように見える。柳田監督が連れてくる「大人」たちに積極的に教えを請い、実践をする。素振り一つとっても、考えながらバットを振る。自分の課題を理解し、克服しようと努力してからの成長は早かった。

そんな姿を知ってか知らずか、幕張総合には、数球団からスカウトが訪れるようになった。時折かけられるという厳しい言葉でさえ、村山選手にとってはいい刺激になっているという。

「インサイドアウトを打てるようにすることを、監督を通じて課題に出してもらいました。その点をしっかり克服すれば、自分が目標と掲げている高校通算50本塁打(2021年3月末現在23本塁打)は、不可能ではないと思っています」(村山選手)

現在、彼はチームの四番として、また千葉県内のドラフト注目選手としてバットを握る。その面持ちは2年前とは別人のようだ。自身がチームを引っ張るスラッガーであることを自覚し、チーム内での声かけも欠かさない。そしてチームメイトもまた、村山選手に引っ張られるようにして上を向いているようだった。

この夏は、千葉で、幕張で、何かが起こるかもしれない。そう感じさせる村山選手の打撃に、今後も注目したい。

(取材・執筆・撮影;山口真央)